穿刺吸引

19 の用例 (0.00 秒)
  • 直径1cm以下では超音波で悪性所見がある場合に穿刺吸引細胞診を行う。
  • 内容物が線維化すると硬結と触知され、やや高エコーとなり穿刺吸引できなくなる。
  • 穿刺吸引細胞診では、ゆるく結合した細胞集団が採取され、間質にはアミロイドが認められる。
  • 膿瘍がどこにあるか、どのような状態であるかを考慮したうえで、注射針で穿刺吸引する場合と、局所麻酔後にメスで切開する場合とがある。
  • 特に乳腺症性線維腺腫は穿刺吸引細胞診で複雑な細胞組成を示す例が多く、癌との鑑別困難な例もある。
  • 穿刺吸引細胞診では肉腫と誤認されることがあるので,確定診断の根拠となる検査としては推奨できない。
  • 穿刺吸引細胞診では、結合傾向の弱いばらばらの腫瘍細胞が採取でき、異形成が著しく、盛んに分裂している様子が観察される。
  • また、穿刺吸引はすぐに再発するために無効であり、むしろ出血により増大する虞さえある。
  • 画像診断で癌との鑑別が困難な例では,穿刺吸引細胞診や針生検による病理検査の対象となる。
  • 境界の不整像を認めれば濾胞癌の公算は大きくなるが決定的ではなく、穿刺吸引細胞診での鑑別も困難である。
  • 病理診断においては微細な石灰化が指摘され、また、穿刺吸引細胞診では、集団を形成した腫瘍細胞が多数採取される。
  • 全染色工程が1分前後と迅速性に秀でているため穿刺吸引細胞診や術中捺印細胞診の際に威力を発揮する。
  • 乳腺や甲状腺にシコリや塊があるときに、針で刺して細胞を採り、ガラスに塗って顕微鏡で病変部を調べる穿刺吸引細胞診がその代表である。
  • 液体は穿刺吸引が可能である。
  • 診断細胞診は病変部の穿刺吸引材料、胸腹水、病変部擦過など材料は多岐にわたる。
  • 穿刺吸引細胞診では診断に足る所見がなく「検体不適正」または「ドライタップ」のことがほとんどである。
  • 触診、超音波、穿刺吸引細胞診を組み合わせて診断する。
  • 甲状腺、乳腺、唾液腺、腎臓、肝臓など実質臓器の病変に対する穿刺吸引細胞診では、細胞検査士または病理医が赴いてベッドサイドで標本の作製から鏡検までを行う。
  • 悪性疾患の診断は超音波所見と穿刺吸引細胞診できまる。