穿く

全て 動詞
242 の用例 (0.00 秒)
  • 私はそばにあった布切れを彼に与えておき、靴下を二枚重ねて足に穿いた。 原民喜『夏の花』より引用
  • 私は側にあつた布切れを彼に与へておき、靴下を二枚重ねて足に穿いた。 原民喜『夏の花』より引用
  • ほんにまあ、このやうな靴をば宿の妻に穿かせることが出来ましたなら! 平井肇『ディカーニカ近郷夜話 後篇』より引用
  • 黒いシャツにジーパンを穿いた男は、僕がいることには気づかなかった。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • バック・スキンの良い靴を穿いているが、おそらく向うの製品であろう。 梶山季之『罠のある季節』より引用
  • 靴を穿いた以上彼は、敬太郎の意志どおりどっちへでも動く人であった。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 敬太郎はまた例のはかま穿きながら、今度こそ様子が好さそうだと思った。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • はかま一重ひとえのがなかったから、家に行って、父か兄かのを穿く事に極めた。 夏目漱石『それから』より引用
  • 袴は一重のがなかつたから、うちつて、ちゝあにかのを穿く事にめた。 夏目漱石『それから』より引用
  • ぼろぼろのジーンズを穿いた男が寄ってきて、日本語で声をかけてきた。 夢枕獏『神々の山嶺 上』より引用
  • 制服または標準服の小学校のほとんどは冬も半ズボンを穿かせていた。
  • お前さんまだあの人の上沓うわぐつ穿いて歩くとこは見たことがないでしょう。 森鴎外『一人舞台』より引用
  • 慌てて家を出て来たせいで、靴下も左右違うのを穿いて来てしまった。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第01巻』より引用
  • その真珠はもう穴を穿けてつなぐより他にどうすることもいらないのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 全身真っ黒で、鼻の頭と四本の足の先が足袋たびを穿かせたように白かった。 山本文緒『眠れるラプンツェル』より引用
  • ゴム靴を穿いているので、ぼくが降りてきたことに二人は気づかなかった。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • 二十日はつかは日がいいというので、いよいよその朝に草鞋わらじを穿くことになった。 岡本綺堂『心中浪華の春雨』より引用
  • それは中学生の僕が足に穿いている兵隊靴のようなものかもしれなかった。 原民喜『夢と人生』より引用
  • それは私の家にある、お前の穿き古るしたスリッパアにそっくりなのだ。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • しかし私は袴を穿いているので、自然に参加しないことになっている。 外村繁『澪標』より引用
  • 次へ »