空間を切り裂い

20 の用例 (0.00 秒)
  • 光は暗闇の奥の一点からややななめ左方へ電光のように空間を切り裂いた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 魔力をびた鎖が空間を切り裂き、そのまま敵の体に叩きつけられる。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 斬像矛は空間を切りき、虚無きょむの異世界をさや代わりにしていたのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 最初の音はどちらもほぼ同じだが、ショックカノンはその後宇宙空間を切り裂いていくというイメージの音を加えている。
  • 疾風がそのまま刃となって空間を切り裂き、眼下のタクシーへ襲いかかった。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • それなのに小兵衛は一歩もすすまずに大刀を振り下ろしたのだから、これは当然、空間くうかんを切り裂いただけのことであった。 池波正太郎『剣客商売 05 白い鬼』より引用
  • だが、木村得意の猛烈な突きは、空間を切り裂いたのみである。 池波正太郎『雲ながれゆく』より引用
  • 両手両足、四つの刃で無数に空間を切り裂き、無数の真空の刃を生みだしてゆく。 西野かつみ『かのこん 第11巻 ~アイはぼくらをすくう!~』より引用
  • 俺と、奴の剣が空中でぶつかり合い、落雷にも似たエフェクト光が空間を切り裂いた。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 彼のいた空間を切り裂いて、大口径の銃弾じゅうだんが床をくだく。 賀東招二『フルメタル・パニック!06 踊るベリー・メリー・クリスマス』より引用
  • レーザーの光条が、弾頭の間を縫って、空間を切り裂いた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • エネルギー・ビームのやりが暗黒の宇宙空間を切り裂き、超ミニサイズの恒星が瞬間的に閃いては消え去っていく。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • 兇々まがまがしい黒い影が、「天下無敵」号の機体から一〇メートルほど離れた空間を切り裂き、天空へと上昇していった。 田中芳樹『アップフェルラント物語』より引用
  • 銃弾が空間を切りいていった。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 歪みは実在の刃物と同様に空間を切り裂き、コンクリートに衝突して火花を散らす。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第02巻 ガーベージコレクター』より引用
  • 捨身に斬りこむ一刀が、むなしく空間を切り裂いたとき、その刀をつかんだ彼の腕は、小兵衛の藤原国助によって、草むらの中へ切り飛ばされていた。 池波正太郎『剣客商売 03 陽炎の男』より引用
  • 数光年を隔てた二点から流れ込むエネルギーは衝突して、電光は宇宙空間を切り裂き、花火のように弾けて散った。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • するどい叫びをあげ、数個の八方手裏剣が、いま大介が立っていた空間を切り裂き、縦横に疾りぬけている。 池波正太郎『火の国の城 上』より引用
  • 宇宙空間を切り裂き、ドッキング・ポートに突っこんだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • 鞘走って空間を切り裂き、たちまちに鞘へ吸いこまれる閃光は、道場の床を右に左に飛ぶ佐之助の体躯の奔放自在なうごきと相俟って、見るものに息をのませた。 池波正太郎『剣客群像』より引用