空気を切り裂くよう

22 の用例 (0.00 秒)
  • 普通の拳銃と何も変わらない、空気を切り裂くような乾いた音が響いて。 平坂読『ホーンテッド! 1』より引用
  • 空気を切り裂くようにして、光の矢のようなものが鏡から飛びだしてきた。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • 直後、空気を切りくような悲鳴が短く聞こえ、すぐに静かになった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • キングの飼い主が、早朝の空気を切り裂くような鋭い悲鳴をあげ始めた。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 今度の雷鳴は先ほどのそれよりも鋭く、空気を切り裂くような嫌な音だった。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 遠くから、空気を切り裂くような音が聞こえてきて、彼等は同時に言葉を切った。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • ひんやりと冷たい空気を切り裂くように、レンリの爽やかな声が命じた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • バットを振っても空気を切り裂くような音がするわけじゃない。 山際淳司『男たちのゲームセット』より引用
  • ピアノ科とヴァイオリン科の友人は空気を切り裂くような悲鳴を上げたのだけれど、その先輩だけは唇をてのひらで押さえて必死に我慢したという。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 顔を前に突き出し、角の先端で空気を切り裂くようにして、光の尾を引きながらすごい勢いで走っている。 古橋秀之『タツモリ家の食卓2 星間協定調印』より引用
  • そのとき、空気を切り裂くような悲鳴が聞こえた。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • 「何だろう」と、思った瞬間空気を切り裂くような甲高い音がして、倉庫の屋根に金属音をたて落ちて来たものがあった。 巖谷大四『懐しき文士たち 昭和篇』より引用
  • 次々と装填そうてんされた砲弾が朝の空気を切り裂くような発射音と共に放たれ、数秒の間をおいて着水、爆発する。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第02巻』より引用
  • 空気を切り裂くような声で泣く少女には見向きもせず、男はマバタキが極端に少ない目で、遠くを見つめたままだった。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • 前方の空気を切り裂くように。 西尾維新『刀語 11 第十一話 毒刀・鍍』より引用
  • 空気を切り裂くような鈍い銃声が、ついで飛び込んだ佐文字の機関銃速射音と重なって聞こえた。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • たちまち空気を切り裂くような、叫び声が響いた。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • だが、あの、空気を切りくような音は、絶対に、弾丸だんがんが、頭上をかすめた音だと、十津川は、確信した。 西村京太郎『殺しのバンカーショット』より引用
  • 自己プロデュースもへったくれもない、空気を切り裂くような雄叫びをあげ、南空はドアの前から跳び、飛びつくように、拳銃と手錠へと手を伸ばした! 西尾維新『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』より引用
  • 混乱し、困り果てた俺を救ったのは、空気を切り裂くようにピーピーピーツと鳴った出動指令のサイレンだった。 日明恩『埋み火』より引用
  • 次へ »