空気を切り裂く

83 の用例 (0.01 秒)
  • 普通の拳銃と何も変わらない、空気を切り裂くような乾いた音が響いて。 平坂読『ホーンテッド! 1』より引用
  • 空気を切り裂くようにして、光の矢のようなものが鏡から飛びだしてきた。 大野木寛『ラーゼフォン第03巻』より引用
  • その空気を切りく音には、普通ふつうの人の剣そのものの勢いがあった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • ギギナはまったく防御せず、さらに空気をり裂く魔風まふうとなり突進する! 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』より引用
  • 直後、空気を切りくような悲鳴が短く聞こえ、すぐに静かになった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • まるで耳の横から、主人公の蹴りが空気を切りく音が聞こえるようです。 時雨沢恵一『キノの旅 第02巻』より引用
  • 長大な刃が空気を切り裂く都度つど、少年の身体のどこかから血がしぶいた。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • キングの飼い主が、早朝の空気を切り裂くような鋭い悲鳴をあげ始めた。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • ゆきどころか、おれまでハッとするような清冽な声が空気を切り裂いた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター08 エイリアン邪海伝』より引用
  • 空気を切り裂く音が聞こえるだけで、敵の姿はまったく見えない。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 今度の雷鳴は先ほどのそれよりも鋭く、空気を切り裂くような嫌な音だった。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 刃のような鋭さをまとった声が、最後の残照に染まる空気を切り裂いた。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • 遠くから、空気を切り裂くような音が聞こえてきて、彼等は同時に言葉を切った。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • ひんやりと冷たい空気を切り裂くように、レンリの爽やかな声が命じた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • バットを振っても空気を切り裂くような音がするわけじゃない。 山際淳司『男たちのゲームセット』より引用
  • どこにも余分な力など入っていないのに、その音は鋭く空気を切り裂いていた。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • 空気を切りくような金属音が、あるじのいなくなったあたりの空気をはげしくふるわせた。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • 耳元で聞こえる、槍が空気を切りく音はとてつもない轟音ごうおんに聞こえた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • ひゅん、と空気を切りく音を残して、香澄の耳元を金属片がかすめた。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • タイヤがパンクしたような音が空気を切り裂き、父が仰向けに倒れた。 新堂冬樹『ブルーバレンタイン』より引用
  • 次へ »