空気が漂う

62 の用例 (0.00 秒)
  • そしてやや滑稽な空気が漂っていたのを認めざるを得ないかも知れない。 大島亮吉『涸沢の岩小屋のある夜のこと』より引用
  • どこからというわけでもなく、教室全体からかびくさい独特の空気が漂う。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 01』より引用
  • 生きている者を拒否しているような、そんな空気が漂っているのだ。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • それに彼らは中学時代からの付き合いだけに、親密な空気が漂っている。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 七時になって食堂が開かれたが、ホテルの全体に一種の不安な空気が漂っていた。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • この過程で、犠牲者の発生を見続けた作業者の間で不穏な空気が漂っていった。
  • そのまわりには現実の位相から外れた、何か特殊な空気が漂っていた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • すでに午前一時を回り、廊下ろうかには冷え冷えとした空気がただよっていた。 内田康夫『天河伝説殺人事件(下)』より引用
  • 通信兵が電文を持って作戦室に入って来て、一瞬、ほっとした空気が漂った。 池上司『八月十五日の開戦』より引用
  • だったとしても、今二人の間には、遠目にも険悪な空気が漂っている。 細江ひろみ『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ あまたの地、あまたの人』より引用
  • いまひとりは恰好は普通なのだけれどもどことなく異様の空気が漂っている。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用
  • うつつともなく眠っている仁右衛門のまわりに、何かびしい空気が漂っている。 三浦綾子『海嶺(上)』より引用
  • 室内には、一瞬たりとも気の抜けない、緊迫した空気が漂っていた。 山田悠介『パズル』より引用
  • こう気重な空気が漂っていると、ゲームも楽しくなくなるじゃないか? 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust 排気』より引用
  • るため、何かそこだけ一九世紀ビクトリア風な空気が漂っていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第05巻』より引用
  • 結婚の調度の並んだ、明るい部屋のなかには、色っぽい空気が漂っていた。 徳田秋声『爛』より引用
  • 訊いてはいけないことを口にした、そんな気まずい空気が漂った。 浜崎達也『絶対少年 ~神隠しの秋~穴森 携帯版小説 第01 06章』より引用
  • 共通の空気が漂っていたが、着席した全員にまったく連帯感がない。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • 生ぬるい湯の中にすべてがひとつに溶けあうような日本独特の空気が漂っていた。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • するとたちまち子供たちの間に、静かな緊張きんちょうの空気がただよった。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集03 自慢にならない三冠王?』より引用
  • 次へ »

空気が漂う の使われ方