空前絶後

全て 名詞
257 の用例 (0.00 秒)
  • イヤそれは大ボラだが、とにかく空前絶後の解明をやったのはホントだ。 西沢爽『雑学艶学』より引用
  • 嵐の後にやってくると予想していた予想外の出来事は、空前絶後の難題だった。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 今は人類の歴史で空前絶後の重大な時期であります。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • この時の13万2000人を超える観客動員は空前絶後の記録となっている。
  • むしろ空前絶後と言いたいくらいに考えていた筆者であった。 夢野久作『道成寺不見記』より引用
  • ここに大奥が空前絶後の栄えを見せた原因もあれば、彼の悪政の原因もある。 海音寺潮五郎『江戸城大奥列伝』より引用
  • こんな風に戦場で頭に腸を乗せて腹を振るなんてあほなことは空前絶後でしょう。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用
  • 七百曲のレパートリーをもつ管弦楽団とは、まず空前絶後であろう。 五味康祐『西方の音』より引用
  • いずれ世界制覇をお果たしになる、今世紀最大最後の空前絶後の英雄じゃがい。 酒見賢一『聖母の部隊』より引用
  • おれが稀世きせいの、空前絶後の妖術師であるかどうかを確認するだと? 古川日出男『アラビアの夜の種族1』より引用
  • この信心はまったく空前絶後のものであったが、しかし彼はまったく馬に乗ったことがなかった。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』より引用
  • 死んでしまった個人がそれを犯すというのは、実に空前絶後だ。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • 現行選挙制度下では破る事の出来ない、空前絶後の記録であろう。
  • あるいはこれこそ先生の『空前絶後の失敗』かも知れないがね。 夢野久作『ドグラ・マグラ』より引用
  • 彼にとって、日本の美術の故郷とは、すなわち日本人が空前絶後の名刀を作り得た時代であった。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • これほど短時日のうちに世界を席巻した現象は、人類史上で空前絶後だったのではないだろうか。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • にしても、蒸気の力を利用する砲の発明は空前絶後であった。 高橋克彦『火城』より引用
  • 長く外国だけに滞在してたお前に言って分かるかどうか知らないけど、こりゃ空前絶後の数字だぜ。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 彼は間違いなく空前絶後の大記録を遠からず樹立するだろう。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • この噂は事実で、間もなく空前絶後の大疫病がドイツ全土を覆い尽くした。 小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』より引用
  • 次へ »