空前絶後の記録

11 の用例 (0.00 秒)
  • 距離別のスペシャリスト化が始まっていた中、空前絶後の記録である。
  • この時の13万2000人を超える観客動員は空前絶後の記録となっている。
  • 現行選挙制度下では破る事の出来ない、空前絶後の記録であろう。
  • これまた空前絶後の記録であり、連続出場記録の第2位は、立命館大学の4年連続である。
  • 近代の天皇を俳優が演じることに対し「不謹慎ではないか」という批判や、試写会後にも「敗戦後10年少々しか経っていない今、50年も前の勝ち戦を描く企画に無理がある」という朝日新聞の映画評もあったが、公開されるや空前絶後の記録的な大ヒット映画となった。
  • 計37週連続1位という空前絶後の記録を残す。
  • この場所7日目には日曜日で晴天とあって、大観衆8万人以上という空前絶後の記録でスタンドまでギッシリ埋まった。
  • 一方で投手としては1987年に春は0勝10敗秋は1勝10敗という、年間20敗の空前絶後の記録を残す。
  • このアンケートによる選別と編集プロパー集団の育成による強行軍的な雑誌編成方針は、西村繁男や1970年に入社した後藤広喜に引き継がれ、約600万部という出版史上空前絶後の記録を生み出すに至るのである。
  • そして銀行員大卒初任給が4万5000〜6万円に上がり、自転車の工場出荷価格平均が最後に1万1000円台だった71年から73年、自転車は大ブレークして、73年には年間総生産台数941万2000台という空前絶後の記録を樹立する。 高橋孝輝『値段が語る、僕たちの昭和史』より引用
  • が、80年代には『キン肉マン』、『ドラゴンボール』、『北斗の拳』など超人気マンガを生み出したジャンプが独走し、90年代前半には1誌で600万部発行という空前絶後の記録を樹立した。 高橋孝輝『値段が語る、僕たちの昭和史』より引用