空中戦闘機動

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 空中戦闘機動には敵戦闘機と対峙した場合の攻撃法と爆撃機に対峙した際の攻撃法が含まれる。 ...
  • 戦前には、飛行中の推力偏向の空中戦闘機動への応用が注目されていたが、実際の戦闘では用いられなかった。 ...
  • 空中戦闘機動とは、戦闘機が空中戦の際に使用するマニューバである。 ...
  • この種の空中戦闘機動は第一次世界大戦中に端を発し、史上最大の大規模空中戦が行われた第二次世界大戦中に最も発展した。 ...
  • 空対艦ミサイルによる対艦攻撃や高精度の爆撃による対地支援では期待されていた一方、機動性の低さから、要撃任務など空中戦闘機動での不安も抱えていた。 ...
  • 戦闘機動を空中戦闘機動、ショー等の展示飛行等におけるものは曲技飛行、等とも呼ぶ。 ...
  • 一部の戦闘機には上級者向けの空中戦闘機動としてコブラやクルビットなどのポストストールマニューバが実装され、背後に付いた敵を躱すことが可能となった。 ...
  • 木の葉落としは、空中戦闘機動の一つで、零式艦上戦闘機のお家芸といわれた。 ...
  • 具体的な空中戦闘機動としては、ブレイクにより敵機をオーバーシュートさせた直後にローリングで後背を奪おうとした際、防御機動として同様にローリングを行った敵機とともにローリング・シザースの構成がなされる。 ...
  • しかしジャギュアは攻撃機であったのに対し、F-1は支援戦闘機として、平時にはスクランブルなどにも従事しており、特に空中戦闘機動におけるエンジンの推力不足が重大問題となった。 ...
  • ディファイアント級など旧型のエスコートよりも高い機動性を持ち、宇宙船でありながら戦闘機並みの高度な空中戦闘機動が可能となっている。 ...
  • 一般向けのスクール以外にも、プロ操縦士に必要なクルー・リソース・マネジメントの教育、曲技飛行やレシプロ戦闘機の空中戦闘機動など曲技飛行や航空ショーで必要となる技能を教授する専門スクールも存在する。 ...
  • MiG-ATでの訓練には飛行操縦、地上攻撃、空中戦闘機動、空中給油などの30以上の項目があり、オンボードシミュレータも内蔵している。 ...
  • サッチウィーブは第二次世界大戦期に、アメリカ海軍のジョン・S・サッチ海軍少佐が編み出した空中戦闘機動。 ...
  • 中高速度域での運動性能は良好で、マニュアルではシャンデル、ウイングオーバー、スローロール、ループ、インメルマンターン、 スプリットSといった基本的な空中戦闘機動は可能である。 ...