空を駆ける

24 の用例 (0.00 秒)
  • 空を駆ける事ができ、十二国世界の生き物の中で最も脚が速いとされる。
  • ビンクの傷ついた羽は痛むし、嵐は巨大な魔人のように、空を駆けてくる。 ピアズ・アンソニイ『魔法の国ザンス01~カメレオンの呪文~』より引用
  • 空を駆けて飛来した天ノ日槍の穂先にも神崎郡粳岡の土が付いていたのか。 松本清張『火神被殺』より引用
  • こんなにきれいな獣になって、世界中の空を駆けるのはどんなに気持ちがいいだろう。 小野不由美『十二国記 03 風の海 迷宮の岸(上)』より引用
  • 群青ぐんじょう色の翼が日射しを弾き、サンタ・クルスは夏空を駆け上がっていく。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • サンタ・クルスは地上を後方へ置き去りにして斜めに空を駆け上がっていく。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • おれがこの冬池袋の街で会ったのは、おれが生まれるまえに空を駆けたヒーローだった。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • そして最後は僕が空をけ下りる日がおとずれるであろうとも。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 03 死の礎は生』より引用
  • ファナの悲鳴と一緒に、機銃弾たちが真っ青な夏空を駆け上がった。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • 毛の一本一本が形を変え、並のサイズではあったが狼の肉体へと変化して、空を駆けていく。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • それと平行して、キリトは黒い弾丸のように空を駆け上っていく。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • その想いを理解していながらも、振り払ってしまった少女は、空を駆けながら思う。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • レイカーがもう一度自らのつばさを羽ばたかせ、空を駆けた時はじめて、答えが現れる。 川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』より引用
  • しかし騎士長は、まるで見えない階段でも存在するかのように、螺旋を描きながら空を駆け下りた。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • その後で、オリオンはまだ空を駆けている筈だった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 島村は、気配もとどかぬはるかな場所から、宙空を駆けて一撃をふりおろして来たのだ。 藤沢周平『隠し剣秋風抄』より引用
  • 火星のいちばん近い月が空を駆けめぐるために、その下にあるものすべての影はやすみなく動いていた。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 真電は先程よりもやや遅れて空を駆け上がってくる。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • 私は横目で、空を駆けのぼったり駆け降りたりしている電光文字の燦光さんこうながめていた。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(下)』より引用
  • 少女たちは空を駆け、ぐんぐん戦場に近づいてくる。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • 次へ »