空を飛ぶ

800 の用例 (0.01 秒)
  • 海の生物が陸に上がったのも、爬虫類が空を飛んだのも、偶然ではない。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 多くの人が見守るなかで空を飛んでみせた霊能者なんて、ひとりもいない。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿03 巴里・妖都変』より引用
  • 空を飛んでいった手術着の人は、どこへ行ってしまったのでしょう。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • その時以来、飛行機で空を飛ぶことはイアハートの生活の一部となった。
  • 日本の空を飛んでいると同じように安全で快適でのびやかな気持であった。 石川達三『武 漢 作 戦』より引用
  • 少年たちは想像の中で空を飛んだのではないかと思うからです。 柳美里『自殺』より引用
  • 私は空を飛び、廊下の側にあるガラス戸のガラスに頭から突っ込んだ。 内田春菊『ファザーファッカー』より引用
  • 猫が空を飛ばない以上、何者かが部屋に侵入して誘拐したということだ。 樋口有介『木野塚探偵事務所だ』より引用
  • 空を飛ぼうと思えば、最終的には飛行機からパラグライダーまで作った。 養老孟司『バカの壁』より引用
  • 一見ただの木馬のようだが、その名の通り乗って空を飛ぶことができる。
  • これがかつて空を飛んでいたなんてどうしても納得がいかない。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 低い雲に覆われた雨が降り出しそうな空を飛びながら、鴉は思いました。 乙一『暗黒童話』より引用
  • 空を飛んでいる何だか正体のわからないもののことをすべてUFOと呼ぶ。 大槻ケンヂ『ボクはこんなことを考えている』より引用
  • 疲れているのか低い空を飛んでは雪の上に下り、低い空を飛んでは下りしていた。 坪田譲治『新編 坪田譲治童話集』より引用
  • 時間はたっぷりあったので、空を飛んで、村の周囲をあちこち探索たんさくした。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 海の向こうから飛んできた美しい女、鉄の塊に乗って空を飛んでくる一人の女を。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 私はまた、空を飛んでいて目印になりやすいのかな、と思いましたが? 三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』より引用
  • 赤い小さいのが幾つも幾つもあちこちと空を飛んでゐるのだ。 若山牧水『岬の端』より引用
  • ただ、日本の空を飛んでいるのは、日航と全日空の飛行機だけじゃない。 西村京太郎『消えたエース』より引用
  • だいたい暴行魔がいざよいの月を背にして、空を飛んだりするだろうか? 安部公房『飛ぶ男』より引用
  • 次へ »

空を飛ぶ の使われ方