空を飛ぶ鷲

4 の用例 (0.00 秒)
  • なにせ、ハインツベルグ傭兵団は空を飛ぶ鷲よりも早く敵を見つけると評判なのだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • こう彼がいうおりから、右手のほうへと、一羽の鳥がかけっていった、高い空を飛ぶ鷲だったが、この烏占とりうらに勇気百倍して、アカイア軍の兵士たちは、いっせいに叫びをあげた。 ホメロス/呉茂一訳『イリアス(下)』より引用
  • 空を飛ぶ鷲も、見上げるほど巨大な灰色熊も。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • こう声をあげていうなり、鋭い剣を抜き放った、それは前から脇腹のもとに提げていたので、大きくて頑丈な太刀だったが、それをかざして、身をすくめると、高い空を飛ぶ鷲さながらに、おどりかかった。 ホメロス/呉茂一訳『イリアス(下)』より引用