空を飛ぶ機械

12 の用例 (0.00 秒)
  • デイヴは空を飛ぶ機械というものを、まるで信用していなかったんだ。 ハインライン『愛に時間を1』より引用
  • 彼は、空を飛ぶワシに触発されて、空を飛ぶ機械を作りたいと考えた。
  • その世界で空を飛ぶ機械をあやつる経験もした自分である。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • なぜなら、空を飛ぶ機械はおれたちのものとなった。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • ガロウ・ランの軍を指揮するギィ・グッガにしても、ドーメという空を飛ぶ機械を見るのは初めてである。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • 彼等は、ブラパが空を飛ぶ機械を動かすと聞いて、率先してブラバの下につくことを願い出た若い戦士たちであった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • 十五、六世紀の天才レオナルド・ダ・ビンチは、すでに空を飛ぶ機械の構想を持っていたらしく、鳥の飛ぶ生態を観察していたという。 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • コモン界は、地上で言えば、市民戦争以前の世界で、そこに、突然とつぜん、空を飛ぶ機械が現れたのだから、どう使いこなしていくかを考えるのは、難しい。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • もとより初めは男の子が誰でも空を飛ぶ機械に抱くあこがれと好奇の域を出ないもので、大正十二年、はじめて三菱みつびしの英人のテストパイロットが航空母艦鳳翔ほうしょうの着艦離艦に成功して賞金十万円を獲得したとき、峻一は八歳で、その十万円のほうに関心が深かった。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • 人が乗って空を飛ぶ機械の構想という当時としては奇想天外な研究に対し外史は難色を示し、「今は戦時である」「外国で成功していないことが日本で出来るはずがない」「成功したとしても戦争には使えない」と、二宮の上申書を一蹴し、日本人による飛行機の発明という機会を失う一因となった。
  • 空を飛ぶ機械「オーニソプター」の飛行訓練中、誤って地上に落ち人間の子供に拾われてしまったコロボックルの少年と、それを救い出そうとする周囲のコロボックルたちの奮闘を描く話である。。
  • 土を掘り、水中を進み、空を飛ぶ機械の発明にいち早く着手し、やがて十九世紀には近代科学文明国として名のりをあげることになる英国の、まさに技術的原動力となった英国学士院ロイヤル・ソサエテイの発案までを手がけたこの人物の才能は、この奇怪な研究室から花開いた。 荒俣宏『別世界通信』より引用