空を飛ぶ

800 の用例 (0.00 秒)
  • それとは違ってこの土地では誰の霊も空を飛ぶ鳥のように自由なのです。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • ただ純粋に、人が空を飛んでいるところを見てみたいと思っただけです。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • わたしたちが空を飛んでいるのを見て、彼らはどう考えるでしょうかね? ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • 私が姿勢を立て直したとき、私と同じ空を飛んでいるのは私だけだった。 秋山瑞人『おれはミサイル(前・後篇)』より引用
  • そこで彼は青ざめて白い翼を持った奇妙な生物が空を飛ぶのを目撃した。
  • さっきまで空を飛んでいたあの鳥たちの瞳に燃えていた、赤い炎にも似て。 荒俣宏『帝都物語2』より引用
  • その時は以前の飛羽を出して着て、夫を脇にかかえて空を飛んで行った。 柳田国男『年中行事覚書』より引用
  • しばらくして車輪が空を飛んで、町や村が遙か下の方に見えなくなった。 モルナール・フェレンツ『破落戸の昇天』より引用
  • 少し霧が出始めていたこともあって、まるで空を飛んでいるみたいだった。 森博嗣『スカイ・クロラ』より引用
  • 彼がファシスト軍に加わって一年以上も空を飛んでいることは知っていた。 ヘミングウェー/永井淳訳『危険な夏』より引用
  • しばらくして車輪が空を飛んで、町や村が遥か下の方に見えなくなった。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • わずかな隙間を通って迅速に移動するのは空を飛んでも不可能に近い。 菊地秀行『トレジャー・ハンター05 エイリアン怪猫伝』より引用
  • 鬼はいつだか、治夫少年を背負って空を飛んでくれたこともありました。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • 相手は風の精霊のように空を飛んでいるわけではないし、図体ずうたいも大きい。 水野良『魔法戦士リウイ 第02巻』より引用
  • 翼竜は小型のエウディモルフォドン などが三畳紀末の空を飛び始めた。
  • 翼長数十メートル、エメラルド色のうろこを持つ巨大な竜が空を飛んでいる。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • 領民全員がというわけではありませんが、翼を操れる者は空を飛びます。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • ちなみに最終回では石橋の空想の中で空を飛ぶという設定になっている。
  • 空を飛んだという話も存在するが写真などで確認された例はない。
  • 日本では飛行機が空を飛んでいるのではなく、あれは精神が飛んでいるのだ。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • 次へ »

空を飛ぶ の使われ方