空を見上げる

492 の用例 (0.00 秒)
  • ようやく暗くなった空を見上げながらクラレンスは二人に別れをげた。 阿智太郎『僕の血を吸わないで1』より引用
  • 死んだ母は、あの星になったのだろうかと、いく度空を見上げたことか。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • 未練をもってまだ空を見上げているのは、もう彼女ひとりになっていた。 定金伸治『ユーフォリ・テクニカ王立技術院物語』より引用
  • 滑走路に出てみると、もう空を見上げているパイロットの姿が見られた。 井上靖『星と祭下』より引用
  • ツェルニの大きなひとみは、どこかぼんやりとした様子で空を見上げていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス03 センチメンタル・ヴォイス』より引用
  • その赤い空を見上げた時以前の記憶きおくはないのだが、それだけは確かだった。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第01巻 「獅子序章 from the aspect of MIZU」』より引用
  • 立ち上がった男は、十二年前とは違う雲が流れる空を見上げて叫んだ。 中村恵里加『ダブルブリッド・ビハインド Dead or Alive』より引用
  • その一軒の屋根の上には、一人の少年が座り、ずっと空を見上げている。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • そして彼女は三百年ぶりにはっきりと怒りを込めて空を見上げていた。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 空を見上げると、あとからあとから来ては飛んでいく雲に蔽われていた。 宍戸儀一『フランケンシュタイン』より引用
  • 初枝の傍に寄ってきて、一緒に空を見上げながら、若々しい声で言った。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 事実、この何年もの間、秀克は青い空を見上げた記憶さえなかったのだ。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • その向こうに見える扉が、水の底から空を見上げるように揺らいでいた。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • ニコラスはまるで石のようにじっと坐って、相変らず空を見上げていた。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • 愛香は自分の携帯電話を腰の収納ケースにしまうと、ふと空を見上げた。 舞阪洸『サムライガード』より引用
  • あの月が落ちた時こそがその始まりなのだと、空を見上げない日はなかった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス12 ブラック・アラベスク』より引用
  • ぼくとゴリさんはそれから太陽が沈みきるまでそこで空を見上げていた。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • サエコは両手で頭を抱えたまま、半分開いたカーテンから空を見上げた。 角田光代『ピンク・バス』より引用
  • コモリに普段は何をしているのかときくと、彼は空を見上げながら答えた。 恒川光太郎『夜市』より引用
  • 大阪の街の人たちが、空を見上げているシーンも放送されていたっけ。 伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』より引用
  • 次へ »

空を見上げる の使われ方