空を覆い

98 の用例 (0.01 秒)
  • 街の中心である丘からは二本の大樹が伸びていて、街の空を覆っている。 奈須きのこ『Notes』より引用
  • 部活動に励んでいた生徒たちが、空を覆う虫の屋根に気づいたのだろう。 西野かつみ『かのこん 第05巻 ~アイをとりもどせ!~』より引用
  • かれらの頭上には半永久的に空を覆う雲がどこまでも広がっていた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 今の状態を例えると、君は空を覆う黒い雲みたいなものだと思ってる。 宮谷シュンジ『絶望の世界 4狭間の世界 ボクの日記』より引用
  • ・ 一 や鳥に似たフェムトの姿は消え、ただ空を覆う黒いものが見える。 冴木忍『カイルロッドの苦難 7 微笑みはかろやかに』より引用
  • 灰色の雲が空をおおってはいるが、ベルリンの気候は一年中そんなものだ。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • 雨雲が空をおおって辺りが薄暗いとはいえ、今が午後の早い時間でよかった。 今野緒雪『マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン』より引用
  • いつのまにか灰色の雲が現れ、重いカーテンのように空をおおっていたのだ。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • 四階てのビルくらいはあろうかという高さの広葉樹こうようじゅが、空をおおかくしている。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • まだ午後も早いというのに黒い雲が空を覆い、夜に近い時間のような様子になっていた。 川上弘美『蛇を踏む』より引用
  • 新しい本の新しい頁が開かれ、問い掛けと答えのハーモニーが空を覆う。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 無事な車が見つかった頃には、空を覆っていた異獣の群れは数を減らしていた。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 左手の石垣の上からは、大きな樹の枝が張り出して、空を覆い隠していた。 森博嗣『G 07 目薬αで殺菌します』より引用
  • 午後になると雲の流れが早くなり、厚雲が南の空を覆いはじめた。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • わたしの民を傷つけるための鉄の武器を鍛造する煙が黒々と空を覆い隠した。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 突然病原菌が空を覆いそれに感染した人間は例外なく二ヶ月で命を失ったという。 乙一『ZOO』より引用
  • その日の深川は厚い雲が空を覆い、今にも泣き出しそうな空模様だった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』より引用
  • もうそろそろ雨季でこの二、三日、雨こそ降らないが雲が空を覆っている。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • そのうちに凧の下から、黒い雲のような煙が現われて、急速に空を覆い始めた。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』より引用
  • 曇天が空を覆い、灰色の雲の合間からいく筋もの光がもれ出している。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 次へ »