空を眺める

56 の用例 (0.00 秒)
  • 八月頃の雲や空を眺めると、もう私はじっとしていられない。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • 今夜は晴れそうですね、とお吉が空を眺めるようにしていう。 平岩弓枝『御宿かわせみ 18 秘曲』より引用
  • だが、空を眺めることこそ、シューホフの生活とは一番縁遠いことだった。 ソルジェニツィン/小笠原豊樹訳『イワン・デニソビッチの一日』より引用
  • 階下の便所に行く度に空を眺めると、真暗な空はなかなか白みそうにない。 原民喜『廃墟から』より引用
  • 天吾は一人の自由な市民として、春夏秋冬好きな場所から好きなだけ空を眺める権利を有している。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 彼女は四角く切り取られた紫色の空を眺めるように、仰向あおむけに倒れていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 床屋に行って髪を切り、その足で外苑がいえんに行き芝生に寝転んで空を眺めるのだ。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 仕事に疲れてひと休みするときに、顔を上げて空を眺める。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 階下の便所に行く度に空を眺めると、真暗な空はなかなか白みさうにない。 原民喜『廃墟から』より引用
  • と、野々宮がすこし前方の空を眺めるようにして言った。 椎名誠『新橋烏森口青春篇』より引用
  • とりわけきょうのように灰色の空を眺めると、あの日をどうしても思い出さずにはいられなかった。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • 勇猛な吉備武彦きびのたけひこや大伴武日も、雨が相手ではただ鉛色の空を眺める以外にない。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 一心に海と空を眺める横顔はなんの屈託もなく、自分がなにを言ったのかも忘れている様子だった。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • こうやってガネーシャとふたりで空を眺める毎日だ。 池上永一『レキオス』より引用
  • そして何となく、硝子戸の前へ立って行き、河原の方の空を眺める。 田久保英夫『深い河』より引用
  • 夜のあけかゝり、をだはらで眼がさめた、寝台で眼鏡かけて、陽の出かゝった空を眺める。 古川緑波『古川ロッパ昭和日記』より引用
  • でもボクはここから空を眺めるのが好きだ。 白瀬修『おと×まほ 第01巻』より引用
  • 湖のまんなかまで来たら、ボートをとめ、ボートの上であおむけに寝て、空を眺めるの。 片岡義男『少女時代』より引用
  • 我々が空を眺めるのは、そこに時折記されている、邪悪なものや変化の大きな潮流を見るためです。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • たまたま柴野さんは空を眺める会で一緒になり、たのんだら原稿がいただけたというわけだろう。 星新一『きまぐれフレンドシップ PART1』より引用
  • 次へ »