空を切り裂い

20 の用例 (0.00 秒)
  • 明らかに、天と地をつなぐ光の柱と空を切り裂く雷とは、性質をたがえている。 流星香『プラパ・ゼータ 1 聖女の招喚』より引用
  • 天と地が黄銅色に輝きわたる黄昏たそがれに、空を切り裂いて飛ぶ鳥のむれを見た。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 自在に空を切りく物体を、自分らが育てたというのが、信じられなかった。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • その名の通り、百本の雷が空を切り裂いて彼らに襲いかかる! 高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』より引用
  • 旋回すると、翼端から、空を切り裂くような白いベイパートレイルを引く。 神林長平『戦闘妖精・雪風(改)』より引用
  • なんとか身体をよじって、空を切りいて飛びかかってくる敵の剣をかわす。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』より引用
  • 何かが空を切り裂いて男に襲いかかったのである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • その時、新たな剣が純白の光芒を引いて空を切り裂き、下から鎌に命中した。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • うなりとともに生じた風の刃が、空を切り裂いて流に襲いかかる。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • 直後に、空を切り裂く音が頭の上を通り越していった。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅤ 私の王子様〈上〉』より引用
  • すなわち喜びの翼の上で、われは空を切り裂く。
  • しなる鞭が空を切り裂くような音が、殷雷刀から響き渡った。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 空を切り裂きながら三本の触手が振り下ろされた瞬間、狐面の男は、さっと顔を上げた。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • そのグスフングは黄色いきばをむきだし、太い太い手で空を切りいた。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第5巻 大魔術教団の謎(上)』より引用
  • 西の空を切り裂くように、飛行機雲が伸びていた。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • そして「夷川の娘が一緒にいてくれたわ」と空を切り裂く稲妻に身をすくめながら囁いた。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 射線が空をき、その終点に爆発ばくはつによる有効半径が現れる。 秋山瑞人『E.G.コンバット』より引用
  • それは快晴の空を切り裂いていく一筋の飛行機雲のような、なかなか消えることのない切り傷を僕の胸の中に残したのだった。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 四つの白刃はくじんは、むなしくくうを切り裂いたのみだったのである。 池波正太郎『剣客商売 06 新妻』より引用
  • 斬像矛は仙界の空を切り裂き、人間界への道を作った。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用