空しい試み

8 の用例 (0.00 秒)
  • 空しい試みで三〇分がたった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(下) 地の果ての燈台』より引用
  • しかしそれは空しい試みであった。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • あれこれ空しい試みをやって二カ月がすぎた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(4)』より引用
  • 善い意志を持とうとする被造物の側からの努力もエックハルトにとっては空しい試みである。
  • 三日間、リマの不可解な内気を取り除こうと、空しい試みをしたあとで、しばらくの間、彼女の祖父の方に、全注意を集中して、できれば、彼がどこに行って、どのように時間をすごしているのかを見出そうと決心した。 ハドスン/守屋陽一訳『緑の館』より引用
  • が、それはむなしい試みだった。 宮部みゆき『孤宿の人 (下)』より引用
  • 俳優になるための様々な空しい試みを経て、1776年にはエアフルトで神学を学び、ポツダムの軍隊孤児院の教師を経て1778年にベルリンのギムナジウムの教員となった。
  • むなしい試みだった。 西尾維新『少女不十分』より引用