空しい気分

5 の用例 (0.00 秒)
  • それを考えると少し空しい気分になった。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 笑いながら次の展示場のほうへ歩いて行く女の子たちを見て、稔はあいつ等、最初から眉に唾つけて聞いてたんだな、と思い、急に空しい気分になった。 井上ひさし『青葉繁れる』より引用
  • こういう会話を三名様ほど繰り返すと、さすがに空しい気分になり、そんなとき、私は五年半という歳月の重みを感じるのである。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • それでも時々、こうして朝日を仰いでいてさえも、本当はオレはもう死んでるんじゃないか、死体の上を、ただ太陽が行ったり来たりしてるだけなんじゃないかという、空しい気分に陥ることもあった。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • ふっと空しい気分におそわれた。 阿部牧郎『篠懸の遠い道』より引用