空しい期待

7 の用例 (0.00 秒)
  • 春留にむなしい期待をいだかせ、最後には受け止めきれなくなって逃げ出した。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • こうしてあたらしいポストに赴く今となっては、それも空しい期待となったわけだ。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • そんな空しい期待をよそに、 ふたりは無言のまま、電車は駅に着き、ドアが開く。 電車男『hermes』より引用
  • 空しい期待を抱かせたくはないのですが、フランシス姫の身の安全を守るためにできるかぎりの手をつくすつもりでおりますから、その点だけはご安心になってください。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • 殊に子供の頃は母恋しさの一念で、母のお絹と一緒に住むという目的の為に夢中でやれたことが、何度も空しい期待に終わるうちに奇妙な虚無感に襲われて、と、自嘲さえ起こって来る。 花登筐『あかんたれ 土性っ骨』より引用
  • サラは、ナポレオン・ソロが、何か劇的な登場の仕方で突然姿を現わすのではないかという最後の空しい期待をすて、あんな人のことなど忘れてしまおうと心にきめていた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『06 気ちがい科学者』より引用
  • 私の知ったところでは、こういう勉強の結果、リチャードは、もうすでにあれほど多くの不幸と破滅をひき起し、害毒を流している例の訴訟に、いろいろむなしい期待をかけるようになっただけでした。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(2)』より引用