空しい思い

5 の用例 (0.00 秒)
  • それを嗅ぎながら、ひどく空しい思いに襲われていた。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 犯人を見つけたとしても、一、二発殴るぐらいしかできないのかと、正晴は空しい思いがした。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • これはよくあることだが、もちろん、そんな場合には、他人の苦痛をあきらめて空しい思いをするよりも、むしろ他人の苦痛を大いに楽しむことの方を、選ばなければならないのは申すまでもない。 サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』より引用
  • 空しい思いで、夕方の畔道を手網を肩に背負って帰ると、畔から田圃にどさりと真黒な細魚より十倍も大きな生きものの絡み合いが落ちた。 金子信雄『金子信雄の楽しい夕食 (v0.9)』より引用
  • 暗黒の中にそそり立つ、鉄骨とセメントとガラスの巨大なノーマンズランドを想像するとき、私は何かひどくむなしい思いにかられる。 五木寛之『風に吹かれて』より引用