穴が開く

168 の用例 (0.00 秒)
  • 天井に穴が開いたあの教室をチェックしたが、そこには誰もいなかった。 西尾維新『傷物語』より引用
  • 警護兵にくと闇の中に暗い穴が開いたような雑木林の方を手でさした。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 5 東征の巻(下)』より引用
  • 奴が歩いたら廊下の床板に穴が開くんじゃないかと本当に心配だったのだ。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 続けてごごごっというこすれるような音と共にぽっかり深い穴が開いた。 有沢まみず『いぬかみっ!06』より引用
  • 雨漏りを放っておくと屋根に穴が開き、寝室には雨が降ってきたという。
  • 箱の左右に穴が開いていて、そこから手を入れて中身を当てるってやつ。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • 急に足元に穴が開いて、その中へ落ち込んでしまったような感じだった。 原田宗典『海の短編集』より引用
  • いくつもの穴が開いていて、そこから出て来ては別の穴に潜っていくのだ。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 窓のない側の壁のどこかに、針の先ほどの小さな穴が開いていたのだろうね。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • 不審に思って箱をひっくり返してみると、底に大きな穴が開いています。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • なのに、その中央だけ穴が開いているのは、確かに少し変な気がした。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • もしこの場にかがみがあったら、あなが開くほど自分の顔を凝視ぎょうししたことだろう。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • 男たちの体に次々に穴が開いていくが、俺のほうもこれで弾切れだ。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • もちろん絵には、扉の鍵穴と同じ位置に穴が開いていたのでしょう。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • 頼子に言われて郁枝も自分の心に猫型の穴が開いていることに気がついた。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • その店は穴が開いたいろいろな材質でできた玉が山のようにあった。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • 瓦礫がれきが散らばっていて、側道の壁には人が充分に通れる穴が開いている。 伊豆平成『PATRONE1 護民官ルフィ&ワイリー』より引用
  • どうかすると、石の床に穴が開くんじゃないかと思えるほどだった。 三田誠『レンタルマギカ 第02巻 魔法使いVS錬金術師!』より引用
  • ずっと高いところに穴が開いていて、そこからしか光は漏れていない。 森博嗣『四季 1 春』より引用
  • 艶消しの黒、というより、そこだけぽっかりと穴が開いたような黒さだ。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第二巻』より引用
  • 次へ »

穴が開く の使われ方