稼ぐ手法

5 の用例 (0.00 秒)
  • またより単純には、現物・先物のランダムな価格差の発生を利用して裁定取引で利ざやを稼ぐ手法なども可能であろう。
  • 近年ではハイダウンフォース仕様の前後ウイングを装着するのが一般的であり、その他にもいくつかのパーツを装着してダウンフォースを稼ぐ手法もよく見られる。
  • この時期、他メーカーの軽自動車用エンジンは2ストローク機関が主流であり、それらの出力が一般に20 PS 台前半であったことと比較すると格段の高出力となったが、ホンダがオートバイで得意とした高回転許容で出力を稼ぐ手法がそのまま適用された結果であった。
  • しかし、売買手数料が自由化される以前の取引に高額な手数料を必要とした時代には、証券会社のディーラーでもない限りごくわずかの値幅だけを目標として利ざやを稼ぐ手法そのものが難しかった。
  • 特徴は、軽乗用車でありながらボンネット、キャビン、車体後部のエンジンルームが外見的に分離した「完全3ボックススタイル」を用い、後部座席背面のリアウインドウ部分はガラスを垂直に立てた「クリフカット」型として、ヘッドクリアランスとエンジンフードの開口面積を稼ぐ手法を採ったことである。