種分化

197 の用例 (0.01 秒)
  • これらは孤立した環境で適応放散と種分化を繰り返した結果と見られる。
  • これは、ある環境への適応が進み種分化が起こる例として紹介されている。
  • 日本各地に数種が分布するが、特に南西諸島において種分化が進んでいる。
  • これを契機に研究が進んだ結果、各地で種分化が進んでいることが判明した。
  • 分布はアフリカ周辺に限定され、特にマダガスカルで種分化が進んでいる。
  • 生物は進化の過程で種分化を繰り返すことで多様性を獲得してきたと考えられる。
  • そのため彼の死後、自然選択だけで種分化が起きるかどうかで議論が起こった。
  • ただし、異所的な種分化が起きる場合でも、こう言われることもある。
  • これは、この仲間が、種分化をどんどんしている途中であるためと考えられる。
  • 生きた化石は進化や種分化を理解する上で、分類学や古生物学では重要なものである。
  • 種分化とは新しい生物学的種が誕生する進化プロセスの一つである。
  • 大陸の干潟から分断された約1万年の間に種分化が進んだものと考えられている。
  • 種分化が地質学的時間の中でどれくらいの期間をかけて起きるかについて議論がある。
  • ただし種分化と形態の進化的変化は同一ではない。
  • 遺伝的分布、行動の違いによる配偶の困難がこのケースの種分化の証拠である。
  • 側所的種分化では、二つの集団の生息地は基本的には離れているが、部分的に重複する。
  • ほとんどの種類は北部太平洋の沿岸域に分布する海水魚で、多様な種分化が認められる。
  • この亜科は北米が分布と種分化の中心地で、アメリカ国内からはこれまで何十種も記載されている。
  • 彼はまた植物の進化と種分化に果たす雑種形成と倍数性の役割を幅広く研究した。
  • 端脚類の中でも特に種分化が進んだグループで、幅広い環境にたくさんの種類が分布している。
  • 次へ »