程なく

全て 副詞
1,863 の用例 (0.01 秒)
  • その後すぐにオーエンは病院へ運ばれたが程なくして帰らぬ人となった。
  • この城は後に元親の子、盛親に与えられたが程なくして、廃城になった。
  • 塩山駅で下車すると案の如く空は雲切れがして程なく晴れそうな気配だ。 木暮理太郎『釜沢行』より引用
  • 程なくその影は、ふもとから三騎となって、動かぬ敵団の方へ近づいていた。 吉川英治『新書太閤記(九)』より引用
  • それからほどなく旅姿のたゆねの背中をゆっくり押しながら帰ってくる。 有沢まみず『いぬかみっ!11』より引用
  • この試合で武道会第一戦は終了し、程なく休憩が挟まれ第二戦が始まる。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • ボーカルを担当し、デモを作成したもののこちらも程なく解散している。
  • 彼女の元なら程なくして、この国全土に緑がその四肢を伸ばすであろう。 同人『十二国記』より引用
  • 内心ほっとしていたが、程なくその安堵は別のものに取って代わられた。 海原育人『ドラゴンキラーいっぱいあります (shift JIS)』より引用
  • 程なく四辺あたりがもう薄暗くなつて行くのに気が付いて、二人は其処を出た。 石川啄木『天鵞絨』より引用
  • 程なくして新たな観測衛星の打ち上げが始まるが、その時事件は起こった。
  • 程なく、マザランは王妃の愛人であるとか秘密結婚をしたとも噂された。
  • すると程なく店のものがあわてて私のところへ飛んで来ました。 小酒井不木『猫と村正』より引用
  • 任が終わった後も河内国大県郡に留まり程なく病死したと言われている。
  • 程なく貴艦の艦医は、おれの免疫性が何をもたらしたかを発見するだろう。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • 小学校へ入って程なく音楽がすきだからというのでピアノを習いはじめた。 宮本百合子『親子一体の教育法』より引用
  • が、程なくまた、緑と黄が入り混じっているオアシスの中に入って行く。 井上靖『私の西域紀行(下)』より引用
  • 従って、程なく分析は精神病学的観察対象への道を発見せずにはいなかった。 フロイト/生松敬三訳『フロイト自伝』より引用
  • 程なくして二人連れで部屋に入ってきたが、アルマはその腕に箱を抱えていた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 程なく返事が來て、心當りの家があるから一度見に來る樣にとの事であつた。 若山牧水『樹木とその葉』より引用
  • 次へ »