称え

全て 動詞
3,077 の用例 (0.02 秒)
  • この功績が称えられ、1970年に入って海外へも仕事の場が広がった。
  • 三千代の父はかつて多少の財産ととなえらるべき田畠たはたの所有者であった。 夏目漱石『それから』より引用
  • 元々は千秋楽にのみ行われ、この場所最後の勝者を称えてのものだった。
  • 彼の功績を称えて、小惑星チャップマンが彼の名を取り命名されている。
  • 色が黒い故かかる説を称えたので、その頃インドに少なかったと見える。 南方熊楠『十二支考』より引用
  • かつてコロンがこの地に上陸した時は、世界で最も美しい風景だと称えた。
  • 変わらない笑顔を称えながら、俺の顔を覗きこむようにして見ている。 奈須きのこ『歌月十夜 19 バイト戦線異常あり』より引用
  • なお、彼の功績を称えて、小惑星ギブズが彼の名を取り命名されている。
  • いわゆる自己犠牲じこぎせいという行為こういには、たたえられるだけの価値かちはあるのだろうか。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ01 ひとつめの虚言』より引用
  • 数々の苦労があったが完成し、彼の功績を称えて吉田新田と名付けられた。
  • 三菱ヶ原の四軒長屋ととなえた頃であとは狐狸の住んでいそうな原であった。 高浜虚子『丸の内』より引用
  • 彼の息子サミュエル・ウェスレーも、その音楽的貢献が称えられている。
  • 彼は眼を皿にしてそれを検討していたが、やがてもういちど大仰にたたえた。 吉川英治『新書太閤記(九)』より引用
  • 一方で民衆からはその勤勉ぶりを褒め称えられ、絶大な人気を得ていた。
  • 愛を高貴なものとして称えたとて、それは愛に何を加えるかと言うのです。 キェルケゴオル/芳賀檀訳『愛について』より引用
  • 軍の貢献を称え、戦死者を追悼するために軍隊記念日を設けている国がある。
  • に基づいたもので、つまり牡丹の花の盛りが久しいことをたたえたものだ。 牧野富太郎『植物知識』より引用
  • このように姑に孝行なのは過去現在珍しいとして、皆褒め称えたと言う。
  • 日本国内における建築・建設分野で功績をあげた個人・団体を称え授与される。
  • 今度ばかりは素直にキリトの強さを称えてやろうと、あたしは体を起こした。 九里史生『SAO Web 外伝03 ココロの温度』より引用
  • 次へ »

称え で始まる単語