私は生憎

10 の用例 (0.00 秒)
  • 私は生憎その日、ほかの客を乗せて他処に行っていたのですが、帰って見ると未だ乗せて行った車が戻って来ていません。 浜尾四郎『死者の権利』より引用
  • 私は生憎ポオの小説を僅かに二三篇しか読んで居なかった。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 私は生憎あいにくその日は学校の図書館から借出した重い書物の包を抱えていた上に、片手には例の蝙蝠傘こうもりがさを持っていた。 永井荷風『日和下駄』より引用
  • かう云ふ問題が出たのですが、実を云ふと、わたし生憎あいにくこの問題に大分だいぶ関係のありさうな岩野泡鳴いはのはうめい氏の論文なるものを読んでゐません。 芥川竜之介『イズムと云ふ語の意味次第』より引用
  • けれど私は生憎あいにくそんな人間じゃない。 角田光代『愛がなんだ』より引用
  • 私は生憎不在だつたが、至急の話があるから今夜か明朝会ひたい、訪れてほしいといふのであつた。 坂口安吾『お喋り競争』より引用
  • 私は生憎ある友達が精神異状で行方不明になり探し廻らねばならなかつたりして松の内も終る頃やうやく地平さんの所へ行つた。 坂口安吾『篠笹の陰の顔』より引用
  • 春から夏へ移る時はネルを着るものだそうですが、私は生憎ネルを持合せませんでしたので袷を着ようかと思ひましたが、思ひきって単衣にしました。 知里幸恵『手紙』より引用
  • 私は生憎あいにく加減が悪くて寝ていたのですが、ちょっとで済む御話でしたら、と断って床から抜け出し、どてらの上に羽織を羽織って、面会いたしました。 太宰治『心の王者』より引用
  • だが私は生憎あいにくと、始めて来た八王子だ。 芥川竜之介『鼠小僧次郎吉』より引用