私は反射

89 の用例 (0.00 秒)
  • 私は反射的に左浦の沢木屋の電話番号は友江局だったことを思い出した。 福永武彦『海市』より引用
  • 同僚に見られていたとしたら、面倒だな、と私は反射的に周囲を窺った。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • 私は反射的に男の頭を見たが、気のせいか、年の割には髪の毛が薄かった。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • などと私は反射的に答えたが、編集者が願いごとといったらひとつしかない。 林真理子『ピンクのチョコレート』より引用
  • 声をかけられ私は反射的にそれをポケットに押しこんだ。 山本文緒『チェリーブラッサム』より引用
  • これは大きい、と思うと私は反射的に机の前から立上った。 宮本百合子『私の覚え書』より引用
  • 私は反射的に電話に目をやったが、それは沈黙していた。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • 私は反射的に会釈を送ったが、彼女からは何の反応もなかった。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 私は反射的に衝立の右側へ目をやったが、彼女の顔はでてこない。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 本当はとっくにプリントしてあったが、私は反射的にそう言っていた。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • じゃ、と言って背中を向けた彼を私は反射的に呼んだ。 山本文緒『眠れるラプンツェル』より引用
  • わたし反射鏡はんしゃきょうをのぞいてみましたが、思わずわらいました。 ロフティング『ドリトル先生物語05巻 ドリトル先生の動物園』より引用
  • 金属的な禍々まがまがしい異音が六つ、立て続けに響き、私は反射的に目を閉じた。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • 私は反射的に祖母の顔を見たが、祖母は寂し気に火鉢の灰をかき回していた。 村松友視『上海ララバイ』より引用
  • 私は反射的に電話をきりそうになった。 山田正紀『氷河民族(流氷民族)』より引用
  • 私は反射的にその人物の口をおさえようとしたが、女性とさとって動きを急停止した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』より引用
  • 即座に答えが返ってきて、私は反射的に、ミゲルさんを思いだした。 荻昌弘『大人のままごと』より引用
  • 帰ってよ、という声がとても大きく、私は反射的に後ずさりした。 姫野カオルコ『喪失記 処女三部作2』より引用
  • 私は反射的に相手の言葉を口の中でくりかえした。 森瑤子『愛の予感』より引用
  • 私は反射的に椅子から立ち上り、お手伝さんを押しのけるようにして玄関に出て行った。 福永武彦『海市』より引用
  • 次へ »