私は単身

17 の用例 (0.00 秒)
  • その夜、私は単身で魅惑の大人世界へ乗りこんでみたいと思いました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 空軍大尉だった私は単身十九機のドイツ戦闘機と渡り合い、六十回も爆撃機で出撃した。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 私は単身赴任して来ていますので、金曜日の夜には姫路の家族のもとに帰ることにしています。 西村京太郎『極楽行最終列車』より引用
  • 家族が落ち着くのを見届けてから私は単身東京に出ました。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • その晩の十時に、私は単身出発しました。 ドイル『背の曲った男』より引用
  • それから、しばらくして、私は単身イギリスに渡り、かの地に眠っている古典文献の調査にとりかかった。 林望『テーブルの雲』より引用
  • 昭和四十三年春、満四十八歳を迎えて間もなく、私は単身でソ連旅行を試み、シルクロードとコーカサスを回った。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • それに、これから私は単身、四場浦鉱山へ向かうのだから、こんな重そうな置物があっても困るだけだ。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • しかし、うす明かりの中では、五人の人かげははっきり見えても、ひとりなら見えないことがわかっていたので、私は単身引き返した。 オーウェル/高畠文夫訳『カタロニア讃歌』より引用
  • わたくし単身瀑壺たんしんたきつぼそばとうってうえのおみやもうで、はは願望ねがいをかなえさせてくださるようおたのみしました。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • そして、冬の休暇があけると、私は単身、東京に帰った。 三浦哲郎『忍ぶ川 他』より引用
  • そう即断すると、私は単身、背負ったロングソードの長い柄へ両手をかけつつ、三人組に向かって全速力で駆け出す。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • このうえは、縁談ことわられても仕方がない、と覚悟をきめ、とにかく先方へ、事の次第を洗いざらい言ってみよう、と私は単身、峠を下り、甲府の娘さんのお家へおうかがいした。 太宰治『走れメロス』より引用
  • このうへは、縁談ことわられても仕方が無い、と覚悟をきめ、とにかく先方へ、事の次第を洗ひざらひ言つて見よう、と私は単身、峠を下り、甲府の娘さんのお家へお伺ひした。 太宰治『富嶽百景』より引用
  • このうえは、縁談ことわられても仕方が無い、と覚悟をきめ、とにかく先方へ、事の次第を洗いざらい言って見よう、と私は単身、峠を下り、甲府の娘さんのお家へお伺いした。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 私は単身上京した。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • 私は単身で山門から突入する。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用