私は先生

387 の用例 (0.00 秒)
  • 村では小学校の先生程の学者はない、私は先生の学校に入ったのである。 西田幾多郎『或教授の退職の辞』より引用
  • しかし私は先生を研究する気で、そのうち出入ではいりをするのではなかった。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • 私は先生にお手紙が書きたくて書きたくて幾度も幾度も書きかけました。 豊島与志雄『一つの愛情』より引用
  • わたしは先生がどのくらい仕度したくができているのか、全然ぜんぜんわかりませんでした。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • 私は先生の絵は一枚も持っていなかったので、本当に夢かとばかり喜んだ。 中谷宇吉郎『南画を描く話』より引用
  • しかし私は先生を研究する気でそのうち出入でいりをするのではなかった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • しかし私は先生からこの手紙に対する返事がきっと来るだろうと思って書いた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • わたしは先生のそばをはなれて、階下かいかのトートーのところへかえってゆきました。 ロフティング『ドリトル先生物語07巻 ドリトル先生と月からの使い』より引用
  • わたしは先生のすぐうしろにいましたので、先生がひくい声でうのがこえました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • 私は先生をこの世で一番おえらい方と、ずっと思い続けてまいりました。 豊島与志雄『一つの愛情』より引用
  • もっとも、その日も朝早く、わたしは先生のうちを一のぞいて見たのです。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • 然し私は先生からこの手紙に対する返事がきっと来るだろうと思って書いた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • その瞬間しゅんかんわたしは先生がまっすぐにカメのところまで行くのかと思いました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • 私は先生に叱られるたびに心の中でひそかな軽蔑を感じながら考えた。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • 私は先生から世界史というものについて目を開かれたのである。 三木清『わが青春』より引用
  • 私は先生が私の依頼に取り合うまいと思いながらこの手紙を書いた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 私は先生自身の口から聞いたとおりを奥さんに伝えるだけです。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • 私は先生が私の依頼に取り合うまいと思いながら、この手紙を書いた。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • それは、私は先生ではないのだから、諸君に先生と呼ばれては困るのです。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 私は先生を老い込んだとも思わない代りに、偉いとも感心せずに帰った。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 次へ »

私は先生 の使われ方