私の周囲

265 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女が私を呼んだ声は小さい声だったが、私の周囲の客にはきこえたはずである。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • 私の周囲には種々の事が起っては消えて行って居るのである。 宮本百合子『日記』より引用
  • 今から思うと、その頃私の周囲にいた人間はみんな妙でした。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 実は私の周囲では、去年わかりにくかったという意見もあったんです。 今野緒雪『マリア様がみてる 09 チェリーブロッサム』より引用
  • 私の周囲にいる者たちは、誰でも離れて行くことは自由です。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 残念ながら私にはその経験はなく、私の周囲にもそれらしき愛好家がいない。 竹内久美子『浮気で産みたい女たち 新展開!浮気人類進化論』より引用
  • 私の周囲で突っ立っている人たちのもとに次々と待ち人があらわれる。 角田光代『愛がなんだ』より引用
  • 私は私の周囲にいくつかの廻覧雑誌を次から次へともって行った。 三木清『語られざる哲学』より引用
  • 私の周囲まわりを取り囲んで十三人の同志の者が声も立てずズラリと居流れて居ます。 国枝史郎『正雪の遺書』より引用
  • 私の周囲がこのような状態にあるうちに、町の婦人連の間には、或る計画が起っていた。 宮本百合子『貧しき人々の群』より引用
  • 私一つがぽつんと存在するのではなく、私に似たやうなものが私の周囲にあって動く。 原民喜『童話』より引用
  • 今私の周囲で言われているうわさをここではっきり貴下にお伝えしましよう。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • いつか電車の中でつた男も、私の周囲に居る人たちも、だれも皆知つてるのだ。 萩原朔太郎『田舎の時計他十二篇』より引用
  • ついでながら、そのころの私の周囲の事情を述べることにしよう。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • 一同はまた私の周囲からさっと散って部屋部屋へ分かれて入った。 永井隆『長崎の鐘』より引用
  • 私の周囲の男たちは、司会役とおなじ表情を浮かべ、小さく拍手した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿06 夜光曲』より引用
  • 今のところ、私の周囲の道路拡張の犠牲者は、猫ですんでいる。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 私の周囲の事態が紛糾ふんきゅうしなかったのは、むしろふしぎというべきであったろう。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用
  • 私自身のことはともかくとして、恋に恋する若い女の人が私の周囲にもたくさんいる。 森瑤子『恋の放浪者』より引用
  • 私の周囲では反対の声が多かったのですが、すべて振り切って。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 次へ »