私の分身

15 の用例 (0.00 秒)
  • その時から、父の残した進化計画が私の夢であり、私の分身になった。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • 最初は、草野球時代の私の分身にプロ野球でやらせてみたいという単純な欲望があった。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 全世界に送ったこの私の分身に、 十代から六十代までの、人類すべての男性の手を触れさせてください。 岩本隆雄『ミドリノツキ〔上〕』より引用
  • 彼女が私の分身であるのなら、やはり、やり切れない思いを抱えているに違いない。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 一度でもナンカをした男というのは、私の全存在とまでは言わないまでも、今でも私の分身となっている。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • それは紛れもない私の分身であることを意味する。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 本当に彼女は私の分身なのだろうか。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 私の分身の正体がばれたところで痛くもかゆくもありません。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • あんたは実は、私の分身ヽヽの一人なんだ。 小松左京『題未定 怪奇SF』より引用
  • 百年を生き、運命を自在に操る私の分身は、ひょっとすると、人の世よりさらに高次元の世界には今も存在するのかもしれない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 09 贄殺し編』より引用
  • 短編も含めると、おびただしい数にのぼるが、一人の例外もなく、彼女たちは私の分身に他ならないという発見であった。 森瑤子『ジンは心を酔わせるの』より引用
  • つまり私が二重になり、私の分身があらかじめ私の行為を模倣し、いざ私が決行するときには見えない私自身の姿を、ありありと見せてくれるとった事が。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 込めたたましいが強かったから、私の分身となった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録05 黒い炎の挑戦者』より引用
  • もう、この子は私の分身よ。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • うんこは、私の純粋な創造物であり、私の分身だ。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用