福島正成

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 大永元年の甲斐飯田河原戦では今川軍の福島正成を討ち取る功績を挙げる。 ...
  • 室町時代に遠江国に移住して、福島正成の代に今川氏に仕えて、櫛間に改姓したという。 ...
  • 福島正成と同一人物する説もあるが、正成を大永元年の飯田河原の戦いで戦死した福島助春と同一人物とする説もあり、その場合には助春没後に福島氏を継いだ人物の可能性もある。 ...
  • 父は今川氏家臣の福島正成とされる。 ...
  • 今川氏の家臣とされる福島正成を讒言し、義忠の嫡男・氏親と仲違いさせ、正成を死に至らしめたという説がある。 ...
  • 大永元年に今川氏配下の福島正成が甲斐に攻め込んできた際には、原虎胤と共に先鋒として迎撃の最前線を担ったとされる。 ...
  • 同年には駿河の今川氏勢の武将福島正成が駿州往還を甲斐へ侵攻し甲府へ迫っており、信虎は正室の大井夫人を避難させ福島勢を駆逐しているが、夫人はその最中に城中で嫡男を出産したという。 ...
  • 福島正成の子とされる北条綱成の嫡男。 ...
  • 永正18年2月には駿河国・今川氏の家臣である福島正成が駿州往還から甲斐へ侵攻する福島乱入事件が発生する。 ...
  • しかし、福島正成を父とする説をめぐっては異論があり、黒田基樹は『北条早雲とその一族』の中で上総介正成という人物は実在しないとしており、小和田哲男も『今川氏家臣団の研究』の中で福島上総介正成という名前は古記録や古文書に出てこないとしている。 ...
  • 永正18年/大永元年2月27日には今川方の福島正成が駿州往還を甲斐へ侵攻する福島乱入事件が発生する。 ...
  • 大井氏の敵対は駿河今川氏の侵攻を招き、大永元年には今川方の武将福島正成が河内路を甲斐へ侵攻する福島乱入事件が発生し、戸田に所在した富田城を占拠し、府中へ迫った。 ...
  • 今川家臣・福島正成の子と伝わる。 ...
  • 永正18元年2月27日には駿河国の今川氏配下の福島正成を主体とする今川勢が富士川沿いに侵攻し、9月16日には南アルプス市戸田の富田城を陥落させる。 ...
  • 信虎は駿河国今川氏を後ろ盾とした甲府盆地西部の有力国衆大井氏と対決していたが、大永元年10月には今川家臣福島正成率いる軍勢が甲府に迫り、信虎は甲府近郊の飯田河原合戦において福島勢を撃退している。 ...