福島正幸

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 鈴木の名前で有名なのは何と言っても、福島正幸の師匠であったという事実である。 ...
  • また、福島正幸、阿部道と後に三強を形成し、競輪史に残る名選手でもあった。 ...
  • この山本の考え方というのは、後に現役のトップクラスの選手としてまだまだ頑張れるはずにもかかわらず引退した福島正幸や中野浩一にも通じるところがあり、またこの日記は、引退後も多くの競輪関係記事で取り上げられることにもなった。 ...
  • その後、元競輪選手で餃子店を経営していた福島正幸が、地元銘菓だった片原饅頭の復元を決意。 ...
  • すると、当時の三強と呼ばれた一角で、グランドスラム達成がかかっていた福島正幸が前で受けていたものの、2角手前付近において、高橋の動きに反応しようとするあまりバランスを崩して落車。 ...
  • この後に神奈川へ移動し、第13回競輪祭競輪王戦でも準優勝を果たすなどしていたが、同期の福島正幸がタイトルを量産していく一方で新人王戦以外のタイトルとは無縁で、「無冠の帝王」と呼ばれたことがあった。 ...
  • 代わって、稲村雅士、福島正幸、田中博らの「群馬王国」が形成されつつあったが、もう一つの王国が形成されようともしていた。 ...
  • 福島正幸によれば笹田のマーク技術、ハンドル捌きは神業の域に達していて先行選手の後輪とマークする笹田の前輪は1センチと開くことはなくまさに吸い付くようだったという。 ...
  • 加えて福島正幸・田中博・阿部道の新たな三強時代があっという間に到来して全盛を迎えたことから、1970年代前半頃において伊藤の特別競輪制覇のチャンスはほとんど巡ってこなくなった。 ...
  • ところが、ここで勝てばグランドスラム達成となる福島正幸が、ホームからカマシをかけた高橋健二の動きに乗じようとして1センターから捲りに出て行くもバランスを崩して落車。 ...
  • 一方、競輪においても1975年の3月には第28回日本選手権競輪で初めて決勝に進出すると、同年9月に前橋競輪場で初めて特別競輪が開催された第18回オールスター競輪において、当時、地元・群馬の2強であった福島正幸と稲村雅士を撃破し優勝。 ...
  • 同期には福島正幸、藤巻昇らがいる。 ...
  • 荒川は最終1角付近で、インから掬って逃げる福島正幸の番手を新井市太郎から奪取し、最後は福島を捕らえて優勝した。 ...
  • 全盛期となる年代において、同県選手である福島正幸、田中博、木村実成らとともに「群馬王国」の一翼を担った。 ...
  • グランドスラムに王手をかけた福島正幸、ゴールデンレーサー賞を制した伊藤繁、大会連覇を狙う田中博あたりが人気の中心となった。 ...