福岡地所

16 の用例 (0.00 秒)
  • 福岡地所の関連会社のパークプレイス大分株式会社が管理・運営している。
  • 福岡地所が所有・運営している。
  • 運営は福岡地所グループのエフ・ジェイ ホテルズで、同社の本社も併設されている。
  • 売却後も移転実現まで引き続き使用できる契約だった為その後も営業を継続しながら新館建設が進められることになり、福岡への岩田屋の長年の貢献を評価していた福岡財界の主要企業12社が福岡地所を中心に出資して作った新会社福岡新都心開発で新しい本店の一部となる建物の建設を進められた。
  • キャナルシティ博多・マリノアシティ福岡などの管理運営実績のある福岡地所が商業施設の運営・企画・管理を行っている。
  • ヒット住宅展示場は、西日本新聞社・RKB毎日放送・西日本リビング新聞社が主催し、福岡地所が企画運営をしている住宅展示場である。
  • キャナルシティのディベロッパーである福岡地所の親会社が福岡シティ銀行であり、誘致の中心となったことから、その名がつけられた。
  • 高級・ワンランク上のスーパーを提供するというコンセプトの下、1988年に福岡地所による再開発によって完成した「ピア高宮」に1号店をオープンした。
  • 設立時は福岡地所の関連会社であったが本業に特化するため、2006年7月に福岡県を中心にスーパーマーケットを展開する株式会社ハローデイに株式が売却され、現在はハローデイグループの一員となっている。
  • かつて、同じ福岡地所系列のショッピングモールであるキャナルシティ博多やリバーウォーク北九州の核店舗がダイエーグループのショッピングセンターであったのに対し、本モールの核店舗がイオングループであるのは、開発がダイエーが経営危機に陥った後だったためである。
  • キャナルシティ博多、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州などを管理・運営する福岡地所が商業施設の運営・企画・管理を行っている。
  • 仮称は「福岡橋本モール」で、その中にサンリブが運営するサンブリシティ橋本が入居するとされていたが、2010年7月に「木の葉モール 橋本」とすることが運営母体の福岡地所から発表された。
  • 福北連携は1995年4月、福岡地所の榎本一彦とゼンリンの大迫忍が、「両市の経営者を集めた梅鶯会を立ち上げ、経済面での両市の連携を唱えた」ことに起こる。
  • キャナルシティ博多や、マリノアシティ福岡、リバーウォーク北九州などの複合商業施設を手がける九州最大のである福岡地所などの不動産会社が知られる。
  • 西日本シティ銀行 は、福岡銀行とほぼ同等の規模を保っており、子会社に長崎銀行、福岡地所、九州カード、九州リース がある。
  • 運用会社である福岡リアルティの株主には福岡地所、九州電力、ロイヤルホールディングス、福岡銀行、西日本シティ銀行、西日本鉄道、 西部ガス、九電工、九州旅客鉄道、がそれぞれ出資している。