神神しい

全て 形容詞
14 の用例 (0.00 秒)
  • そういう姿勢で見ると、若い女の顔はいかにも神神こうごうしく思われた。 堀辰雄『ルウベンスの偽画』より引用
  • 跪いてゐる民衆は、今この神神しい光景けしきをみて、愛と恩謝とで身を顫はした。 上田敏『海潮音・牧羊神』より引用
  • 愛一郎が着た民族衣装は贅沢ぜいたくとはいえなかったが神神しいばかりの気品に満ちている。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • け高いと云はうか、神神しいと云はうか。 平出修『瘢痕』より引用
  • けれどこの神神しい山上に見たあの露骨な獣性を いつかはあなたもあはれと思ふ時が来るでせう。 高村光太郎『智恵子抄』より引用
  • すると、空の上に、なん百となく、すきとおるような神神こうごうしいもののかたちがみえました。 楠山正雄『人魚のひいさま』より引用
  • しかし、これは大きな神神こうごうしいお寺のようにおもわれました。 楠山正雄『幸福のうわおいぐつ』より引用
  • この光景けしきの神神しさは、先のに、をさをさ劣らない。 上田敏『海潮音・牧羊神』より引用
  • 私は長い庭の敷石をつたわりながら、朝のすずしい木のかげに白い湯気のあがるお供米を捧げてきてくれるのを見ると、私は涙ぐみたいほど嬉しく神神しくさえ感じた。 室生犀星『幼年時代』より引用
  • 神神しいご来迎が見えるでしょう。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • ともあれ、屋久島で実際に目にした縄文杉や紀元杉、万代杉などの巨木には神神しささえ感じた。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 僧は確に聞きたらむも、 さあらぬ素振神神そぶりかうがうしく、 聖水大盤たいばんを捧げてふりむく。 上田敏『海潮音・牧羊神』より引用
  • 墓場の薔薇ばらの花、屍體したいから出た若いいのち、墓場の薔薇ばらの花、おまへはいかにも可愛かはいらしい、薄紅うすあかい、さうして美しい爛壞らんゑ薫神神かをりかうがうしく、まるで生きてゐるやうだ、僞善ぎぜんの花よ、無言むごんの花よ。 上田敏『牧羊神』より引用
  • 山も動け、川も動け、山も眠れ、川も眠れと啼き澄ます是らの鳥のはげしい寂しい啼聲を聽く時は、自づとこの天地のたましひがかすかに其處に動いてゐる神神しさを感ずるのである。 若山牧水『樹木とその葉』より引用