祝詞

全て 名詞
1,102 の例文 (0.01 秒)
  • 父は魔法の儀式をする予定だったが、それには女性の祝詞が必要だった。 ...
  • 彼女としても私の祝詞のなかに空虚くうきよなものを感じたのにちがいあるまい。 ...
  • だが、彼女の祝詞調から両方の早変りが次第に納得して考えられてきた。 ...
  • 近所の者の祝詞を受けて自分が合格したような気分になっている。 ...
  • さうして別に、寿詞ヨゴトに注意を向けた人は、祝詞の古いものだと称してゐた。 ...
  • 此神は祝詞屋の神で、一柱とも二柱とも考へる事が出来たのであらう。
  • そして祝詞を上げてゐるうちにそれをたべては、水を飲んでをらう。 ...
  • 祝詞を奏上しながらもいろいろなことを思ひ浮かぶるのが本当である。 ...
  • この時には、もう、祝詞を受ける冒険好きな客は一人しかいなかった。 ...
  • やごゝろおもひかねの神を、祝詞神とするのは、理由のあることである。 ...
  • こんにち一般に祝詞といわれるものは、以下のように分類できる。 ...
  • そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。 ...
  • 時刻が来ると治左衛門が祝詞のりとをはじめたが、その声が切れてしまった。 ...
  • まあ、書かれたのはずっと後だとしても、祝詞の成立時期までは特定出来ないよ。 ...
  • 今一つ前の形が天つ祝詞の名で一括せられてゐる古い寿言なのである。 ...
  • 延喜式にも毛の麤物あらもの、毛の和物にこものを供物とする事がその祝詞のりとに見えている。 ...
  • 祝詞・寿詞に対する護詞イハヒゴトの出で、寺の講式の祭文とは別であつたやうだ。 ...
  • 次へ