祝言

全て 名詞
1,014 の例文 (0.01 秒)
  • むしろ、祝言が目の前だったからこそという言い方さえできるくらいだ。 ...
  • 正式に祝言をあげるまでは、同衾どうきんは出来ぬというのが隼人の考えだった。 ...
  • それまでに化粧けしやうをチヤンとととのへて、かたばかりの祝言しうげんをせなくてはならぬ。
  • 祝言が目の前だったから、家出などするわけはないということは言えまい。 ...
  • 一若は数日のうちにおともと祝言することにして、もうお屋敷ももらっている。 ...
  • だから私は、祝言の夜も一睡もしないでお前が出て来るのを待っていたんだ。 ...
  • 祝言の日もまぢかにせまったある日、お袖は本所のおくへ使いにいった。 ...
  • もし正式に側室に入れるならば祝言しゆうげんの式をしなければならなかった。 ...
  • この祝言を描くのには、なんじのペンもまた舌も余りに短か過ぎるのだ! ...
  • 祝言にも、いよいよ職業化したものと、職業意識を失うたものとが出来た訣だ。
  • 学校を出て戻って来れば、祝言をあげるものと両家の者たちは思っていた。 ...
  • あの恐ろしい祝言の式がはじまったのは、それから間もなくのことだった。 ...
  • 神林東吾とるいの祝言が行われたのは、六月末のおだやかな夜であった。 ...
  • 親同士が決めた縁談で、清とマサコは祝言の当日まで顔を合わせていない。 ...
  • こんな状態では家のことが気になり、せっかくの祝言も気がそぞろになる。 ...
  • おれたちから本当のことを言われるのがいやなら、なぜ祝言の邪魔をしに来るのだ? ...
  • おまえにほれて嫁に懇望し、祝言の杯までしたのはこの三郎、わしじゃ。 ...
  • 次へ