社会の窓

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 昼休みにも弁当を食べている様子ようすはなく、二日に一回は社会の窓が全開だった。 ...
  • 社会の窓に入った民の声を送った視聴者には、番組特製ストラップが贈られた。 ...
  • N・H・Kでさえも主婦の労働と、職業上の労働とをどう調節するかということについて社会の窓で放送しました。 ...
  • ズボンの前立てが開いたままのことを、俗に「社会の窓が開いている」と言った。 ...
  • 毎週金曜日の放送では、その週に社会の窓に入った民の声から、最も優れた良識に「窓王」の称号が与えられた。 ...
  • いとうせいこうがMCを務めていた当時の番組は、三賢人と呼ばれるゲストとともに視聴者からの「民の声」を現代の良識として「社会の窓」に入れていくかを検討するという内容で放送。 ...
  • これらの特許の多くはユニオンスーツとズロースの「社会の窓」の新たな形状に関するものであった。 ...
  • そして、何かの拍子でジーンズのジッパーがこわれたのにもかかわらず、ハハハと笑いながら社会の窓を全開して帰っていった。 ...
  • 僕はひらきっぱなしの社会の窓をふたたび一瞥した。
  • この項目では、1999年8月から同年9月30日まで同局で放送された後継番組『社会の窓2』についても触れる。 ...
  • タテ二寸、ヨコ五寸ほどの穴が、私たちの社会の窓かな。 ...
  • 前作「社会の窓」より2か月ぶりのリリース。 ...
  • 同年8月からは『社会の窓2』と題して放送。 ...
  • NHKの社会部社会課は『街頭録音』・『尋ね人』・『社会の窓』、ラジオ東京の社会部は『ラジオスケッチ』・『伸びゆくこどもたち』、文化放送の社会教養部は『マイクの広場』・『日本のこども』といった番組を制作していた。 ...
  • 社会の窓は閉じている。 ...