磨きあげろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • しかも磨きあげた石はすべて南へ船で運ばなければならないときている! ...
  • 強い太陽光線の中で、その肌が磨きあげたブロンズのように輝いている。 ...
  • 世界中でこの数百年のあいだ磨きあげられてきたものだからな。 ...
  • 床に砂をまいてある、きれいに磨きあげた部屋が、はっきりと見える。 ...
  • まだ二十代も半ばだろうに、それこそめるように磨きあげるのである。 ...
  • それを担当の特攻兵が常に輝くばかりにみがきあげているにちがいない。 ...
  • 磨きあげられた靴は光沢を放ち、夏の午後の陽射しを受けて輝いている。 ...
  • みがきあげた鏡に映った自分は、まだちょっぴり不安な表情を浮かべていた。 ...
  • 航法長のタンギーが艦橋内の機器類をピカピカに磨きあげたようだった。 ...
  • 水晶のような水が磨きあげられた川原石のあいだをさらさらと流れていた。 ...
  • いったいこれをきれいに磨きあげることができるのだろうか。 ...
  • どれもぴかぴかに磨きあげられているが、使いこまれた中古品のようだ。 ...
  • 磨きあげた鏡のような魔法の金属がまったく光輝を失っている! ...
  • 鏡のように磨きあげられた特殊素材の床が、乾いたうつろな音を響かせた。 ...
  • 彼が金もうけに特別の腕を磨きあげたのは、この時代のことと考えなければならぬ。 ...
  • あんまり熱心に体を磨きあげるものだから、八重子はその女を覚えてしまった。 ...
  • そして磨きあげられた壁面には、いくつかの絵が掛けられていた。 ...