確かな証拠

191 の用例 (0.00 秒)
  • アメリカ海軍自体が船を危険な状態に置いたという確かな証拠があった。
  • しかし確かな証拠もないのに突然に御用の声をかけるわけにも行かない。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それは武士として藤原氏の一門であることの確かな証拠となるからである。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • だた、1450年以後、城が存続していたことを示す確かな証拠はない。
  • 定めし彼は、私の知っている以上の確かな証拠でも握ったのでしょう。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 確かな証拠を挙げた上でなけりゃあ、むやみに御用の声は掛けられねえ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 書かれた時期は紀元前7世紀の終わり頃とも言われるが、確かな証拠はない。
  • 説が複数あるが、いずれも確かな証拠は無くよくわかっていない。
  • 今の私と同様に、確かな証拠を得てから警察に通報しようとしたのではないか。 乙一『暗黒童話』より引用
  • それでなくてもここにこれだけ確かな証拠があるんだぞ。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • ある人が確かな証拠をもとにして真理と認めざるをえない何か新しい事態を経験する。 フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』より引用
  • そうして確かな証拠を握れるまでいつまでもいつまでもあとを追う。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • この結婚についてもいろいろの憶測がなされているが、確かな証拠は何もない。 シェイクスピア/大山敏子訳『ヴェニスの商人』より引用
  • 去年の火事にしても、放火だったっていう確かな証拠はないわけだろう? 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • これほど確かな証拠である代り、これほど不確かな証拠もありません。 野村胡堂『銭形平次捕物控 13』より引用
  • 確かな証拠も無しにむやみにそんなことをすると、旦那方に叱られるぞ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 確かな証拠と論理をもって真犯人を追い詰めれば、それでいいんでしょう? 西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』より引用
  • では訊くが、その一万リーブルを遺贈されたという確かな証拠があるのか? ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • 僕はこの点について確かな証拠をもっています。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』より引用
  • 確かな証拠なくものを信じてはいけないのだ。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』より引用
  • 次へ »