碩学

全て 名詞
323 の例文 (0.00 秒)
  • この杯は、地のあらゆる秘密を握っていた或る昔の碩学の作なのです。
  • 碩学として知られた虞翻は、ここで学問を講じ、数百人の弟子を集めた。 ...
  • 一代の碩学せきがくクレペリンは、同時に敬虔けいけんな禁酒論者としても知られていた。 ...
  • 彼が稀代の碩学せきがくであり、有能な人物であることは、わしもよく知っている。 ...
  • 今日では一代の碩学などといふ表現は古び、またそのやうな学者も少くなつた。 ...
  • その本に囲まれた中央の、いちだん高くなった床の椅子にかけている碩学せきがくがぼくにこういった。 ...
  • 子の優しさでもあったが、それを識る最上の碩学せきがくがこの父であった。 ...
  • よほどの碩学せきがく、よほどの達人であったということなのでしょう。 ...
  • 長年の間敬慕していたこの碩学のを、なんとしても握りたかった。 ...
  • いずれにしろ、いろいろと伝説の多い平安初期の碩学せきがくの学者だ。 ...
  • しかも、この碩学にしてその素志の天下に容れられなかったのは何故であるか。 ...
  • この定義はモスマンという碩学によるもので、それを私は友人から教わったのである。 ...
  • その留学生が後宮七典の最終的な仕上げを担当した碩学せきがく瀬戸隆寛となる。 ...
  • 寺領三千石の内訳は賄方一千石、修理料一千石、碩学八人に一千石となっていた。 ...
  • 確かにどこかでこの碩学の容貌を見たことがある。 ...
  • 彼らはアンジュー軍と町の外で剣を交え、ヘンリー碩学王は撤退を余儀なくされた。 ...
  • 馬光が座に上って礼を講義すると、当時の碩学の儒者たち十数人が次々と論難した。 ...
  • 次へ