破顔一笑

全て 名詞
78 の例文 (0.00 秒)
  • 彼女もまた、あの父に見せてやったらきっと破顔一笑するだろう、と思ったのだ。 ...
  • 破顔一笑して老人は、対局相手のそばの紙幣をとって沢田に手わたした。 ...
  • 一頁勉強のこと、我慢しているうちには、とかいてあって、全く破顔一笑よ。 ...
  • そこで老人は破顔一笑して、諄々くどくどと直綴の説明をはじめたようです。 ...
  • 破顔一笑といいたいところだが、だけが笑っていない。 ...
  • 相手方も僕に気づいたらしく、鼻をすすってから破顔一笑してけ寄ってくる。 ...
  • 謹直な元軍人の父親が破顔一笑したのを覚えている。 ...
  • やがて妖精さんはにっこり破顔一笑はがんいつしようし、落ち着いた口調でこう言いました。 ...
  • 地上世界から来た男は破顔一笑した。 ...
  • 話者も前話ではどこまでも慎重な表情で話の余韻をばミスチカルにしようとするが、この話ではきっと語り終わってから破顔一笑するのがその型である。 ...
  • 貴志が返事をためらっているのをみて、田中は破顔一笑した。 ...
  • サイモンも人が変ったように破顔一笑しているさまは嬉しそうな小学生さながらだ。 ...
  • 破顔一笑せずにはいられなかった。 ...
  • しかし、鈴木は破顔一笑すると、何のわだかまりもなく答えた。
  • 新龍は、顔中が笑う口になったみたいに、大きく破顔一笑した。
  • つぎに、後任が陸遜にきまったしらせに接したとき、関羽は破顔一笑した。
  • 彼は両手で私の手をしぼるように握りしめ、破顔一笑すると、同じ調子で自慢話をつづけた。 ...
  • 次へ