破瓜期

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そして両手の指を使い、まだ湿っている髪を彼女はかき上げた。 ...
  • 挿画にでもピストルはかきたくないと松野氏も言っていたように記憶する。 ...
  • 波間からほんの一翼長ほど飛びあがったと見る間にもうその姿はかきうせていた。 ...
  • 旅の恥はかきずてとや、旅は失策の少々あらんこそ後々までも興ある者なれ。 ...
  • 最も一般的なものは車輪の付いた曳き山で、その他にはかき棒のついた舁き山などがある。 ...
  • 木の火鉢の中には炭の火がほのあかく、黒い網の上にはかきもちが二つ三つのっています。 ...
  • 西郷の巨躯きよくに、長身ではあるが細身の皇后の体はかきいだかれるように見えた。 ...
  • わたしはかき水が溶けて水びたしになるまで感心していた。 ...
  • アイスカチャンは、元はかき氷と小豆だけで作られていたが、次第に様々な具材が入れられるようになっていった。 ...
  • 問屋街として知られ、川岸にはかき船が係留されていた。 ...
  • やつれた顔にはかき傷があり血が流れており、着ている服は裂けてぼろがぶらさがっているし、帽子はなくしていた。 ...
  • 団体の恥はかき捨てという現象である。 ...
  • そこでまず気がつくことは、ソープの女性と接するときは、どうせ相手は商売女で一時のことだけに、恥はかき捨てというか、どんな醜態をみせてもかまわないという、一種の開き直った気持になっている。 ...
  • ある作品ではこのことが原因で台詞を入れ忘れたように見えるシーンが完成してしまった他、絵と演技が一致しない場面が放送され「何で増山さんは何年もやってるのにこれが出来ないのか」と投書が来てしまい、現場に「恥はかきたくない」「何とか収録時には絵が欲しい」と頼んだこともあるという。 ...
  • 言い出したいけれども恥を掻くといけないと思って遠慮していたものが多いのを、それが無記名投票になれば恥はかき捨てになり、当れば名誉になるのですから、たちまちに多数の同意を得て筆と紙との用意が出来ました。 ...
  • あとはかきものしかできない。 ...
  • かつてはかき船の輸送に耐えうる殻を主眼に置かれていた養殖法が、むき身カキが流通しだすと殻の成長よりも身の大きさ・肥満度を主眼におく養殖法へと変わっていった。 ...