破壊する危険

13 の用例 (0.00 秒)
  • 存在そのものが天災と称され、人類の生活圏を度々襲撃し、街を破壊する危険な存在でもある。
  • また、別節にもあるがビオトープ内の生物が外部環境に流出するとかえって生態系を破壊する危険もあるので注意が必要である。
  • このために9月11日に予定されていたハーパーズ・フェリーへの攻撃が遅れ、リー軍が分割されている間にマクレランが攻撃してリー軍の残り部隊を破壊する危険性が増した。
  • 技術と機械力によって、わずかな人間の利益のため、遮二無二しやにむに自然を破壊する危険を、すっかり見抜いていた。 泡坂妻夫『湖底のまつり』より引用
  • パテントプールの運営に問題があると、1つのメンバー企業がグループ全体の利害を破壊する危険性が生じる。
  • またソフトウェアRAIDでは正常にデータの読み書きができなくなるだけでなく、ハードディスクそのものを破壊する危険性もある。
  • 犯人が藤野さんに、梶原澄子さんが彼女の将来を破壊する危険な存在であると知らせたのは、犯人が藤野さんの前身と梶原さんの過去の仕事とを、両方とも知っているからです。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 犯人は、まず藤野由美さんに対して、室友の梶原澄子さんが藤野さんの将来を破壊する危険な人物であることを説いていたと思います。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 借り入れの際には、借り手は多少高い利息を支払ってでも借り入れをしようとすることが多いが、あまりに高い利率の定めがなされると借り手の生活を破壊する危険があるため、契約自由の原則の例外として規定されている。
  • 大きな企業においては、規模の大きい既存事業の前に現れる新興の事業や技術は小さく、魅力なく映るだけでなく、既存の事業をカニバリズムによって破壊する危険があるため、新興市場への参入が遅れる傾向にある。
  • メーストルは社会の紐帯を非合理的な偏見や迷信、権威に帰したので、啓蒙主義はあらゆる社会的紐帯を破壊する危険な思想であると考えたのである。
  • しかし、個々の事物を超えて存在する普遍的真理の否定は、ポリスの法など、人びとにとって共通の価値を否定することにつながり、その思い思いの行動はポリス的結びつきを破壊する危険があった。
  • 犬歯は頭部上顎部と歯肉と歯根膜を媒介として繋がっているだけで、強い力が加わった場合、抜けたり、梃子作用により局部的に力が加わり上顎骨を破壊する危険性があるからだ。