破れ鐘

50 の用例 (0.01 秒)
  • メイの頭にれ鐘が鳴るような大音響が渡ったのは、少ししてからである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09c D-蒼白き堕天使3』より引用
  • そうとは知らず康おじさんはがねのような声を出して喋りつづけた。 魯迅『薬』より引用
  • ッとした顔を雲八の耳のそばへつき出して、勝家はがねのような声でいった。 吉川英治『新書太閤記(八)』より引用
  • 名乗りをあげたのへ、うなずき返した相手が、がねのごとく怒鳴った。 池波正太郎『剣客商売 02 辻斬り』より引用
  • 電話を取ると、いきなり破れ鐘のような声が飛び出してきた。 矢作俊彦『夏のエンジン』より引用
  • と怪人が喜びの声をあげたとき、不意に天井の方からがねのような声が鳴り響いた。 海野十三『流線間諜』より引用
  • ちょっとでも手を抜きそうにしようものなら、れ鐘のような声で、恐縮させる。 宮本百合子『三郎爺』より引用
  • まだれ鐘のような音をたてている心臓をなだめるように、ゆっくりと浴室に近づいた。 小野不由美『悪夢の棲む家 (下) 挿絵あり』より引用
  • その晩、ついに破れ鐘のような声を出されるに及んで、祥子ははっきりと身の危険を感じた。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • がねの声とは、こういうのを指すのであろう。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫1) 猿飛佐助』より引用
  • 松川さんという、化けて出そうな年齢のお婆さんで、がねのような声を出す。 色川武大『花のさかりは地下道で』より引用
  • 太い丸太ン棒のような物で背をガンと打ちのめしたなら、破れ鐘のような音をして前の竜バミ谷へけし飛んで行くに相違あるまい。 木暮理太郎『奥秩父の山旅日記』より引用
  • 壇上の席に突ッ立上った大河内参事官閣下が、破れ鐘の様な大声で呶鳴った。 羽志主水『監獄部屋』より引用
  • 聞こえるか、聞こえないかのその声は、次第次第に興奮の度を加え、がねのように部屋中に鳴りひびいた。 高木彬光『幽霊西へ行く』より引用
  • れよとばかり手をたたいて、がねのような声で叫んだ。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • ソファから立ち上がった如月が、がねのような声で叫んだ。 吉村達也『ワンナイトミステリー2 「カリブの海賊」殺人事件』より引用
  • その後ろで、れ鐘のような声が響いた。 篠田節子『死神』より引用
  • 同時に新鮮な血液が脳にどっと流れ込み、頭の中でれ鐘が鳴り響く。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • そのとき、錯乱したがねのようなピカ一の声がとどろいた。 坂口安吾『不連続殺人事件』より引用
  • 頭はれ鐘のようにがんがん鳴っていた。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • 次へ »