破れない

173 の用例 (0.00 秒)
  • 第四政党制の特徴であり続けた小さな階級二極化の様相を破れなかった。
  • もう一つはどんなに強い力でも瞬間的しゅんかんてきな力では絶対に破れないこと。 有沢まみず『いぬかみっ!05』より引用
  • けふ家の人たち奥で見てゐるもんだから、お店の規則破れないのよ。 岡本かの子『蔦の門』より引用
  • だから記録を破れなかったのは自分が悪いという考え方なんだ。 江川卓『たかが江川されど江川』より引用
  • しかし強力な七六ミリ砲弾をもってしても、敵の力場りきばやぶれなかった。 賀東招二『フルメタル・パニック!03 揺れるイントゥ・ザ・ブルー』より引用
  • どんな堅陣でも叩き破れなかったことはなかったと伝えられている。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • これらは分離することができず、用紙はいかなる力をくわえても破れない。 ラヴクラフト全集7『06 「緑の草原」』より引用
  • 薫さんの方はどうしても岸本の力を借りなければこの関は破れない。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • 太陽は空のもやの層をつき破れないのに、とても暑くなってきた。 マン/植田敏郎訳『ヴェニスに死す』より引用
  • そうしてもロケットの壁は破れなかったし、音もしなかった。 海野十三『ふしぎ国探検』より引用
  • 事実、出産まで処女膜が破れない女性は医学的にいくらも例があるようだ。 西沢爽『雑学猥学』より引用
  • しかし第二の防衛線は簡単に破れないと分かったので、フランス軍は一旦後退した。
  • 欠けた硝子ガラス片を寄せたものはれない硝子板にはならないのである。 寺田寅彦『変った話』より引用
  • いかなる爆弾でもエネルギー・バリアは破れない、というわけですな? 宇宙英雄ローダン・シリーズ『02 銀河の神々のたそがれ』より引用
  • 彼は或はこの城の破れないことを知つてゐるかも知れない。 芥川竜之介『続文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • であるから、いかなる異変があっても、この約束は破れないと、私は信じた。 長谷川時雨『朱絃舎浜子』より引用
  • その後のイギリスの対応策はどれ一つとしてスペインの砲艦戦隊を破れなかった。
  • たいてい、鋭い奴ってのは軍用だから、おれたちじゃアイスが破れない。 ギブスン『ニューロマンサー』より引用
  • プロの鍵師でも簡単には破れないし、合い鍵も作れないという特製のやつだ。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • そして此の金属が人間に尊ばれるのは何にぶつかつても、破れない此の強い力なのだ。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • 次へ »