砕く

全て 動詞
737 の用例 (0.01 秒)
  • 並んでいる自動車の窓という窓ガラスが滅茶苦茶に叩き砕かれていった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 二人は畑の端の方から、耕したばかりの黒い土を少しずつ砕いていった。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • これは複数の歯と顎の骨の結合したもので貝殻も砕く頑丈なものである。
  • 頭を砕かれたものに仕事だからという言いわけが通るとお思いですか? 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • 私と父と母で作られた家族という結束を砕こうとするための打算なのだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • それらの破壊力は、たったの一撃でもこの男の頭部を砕きかねないのだ! 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • そのすぐ下にあるあごに、奥歯を砕きかねないほどの力が加えられていく。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • それが恐ろしゅうて、わしは何度この人形をうち砕こうとしたかしれぬ。 山田風太郎『忍法落花抄』より引用
  • あちこちで噂を聞いては、その女をものにしようと心を砕く、金を遣う。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • そして、その流れはなにものをも砕く勢いで押し出して来るに違いない。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • それはまるで砕かれたガラスのように粉々になってあたりに飛び散った。 高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』より引用
  • 同じく頭部肉のゼリー寄せなどに細かく砕いた脳が含まれることもある。
  • 魚のパティで最もパリっとしたものは砕いた塩ふりクラッカーを用いる。
  • この刻印が入った物はすべて時砕きの所有物であることを意味します。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 私的な利益よりも公的な利益を優先し社会的な福祉事業にも意を砕いた。
  • 預金量の拡大と融資量の安定とそれによる収益の確保にのみ心を砕いた。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • その眼は唇と共に固く閉じて、両のこぶしを砕くるばかりに握り締めている。 夢野久作『暗黒公使』より引用
  • それをそのまま食べるか、砕いたものを材料として他の料理に入れる。
  • 占領軍が日本を支配して以来いちばん心を砕いたのは対共産党勢力であった。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • そのついでに立っていた柱をブチ砕いてしまうが、二人は気にしない。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第07巻』より引用
  • 次へ »