砂利

全て 名詞
2,974 の例文 (0.03 秒)
  • 起伏しているこの平原の黒い砂利の下には、やわらかい土の層があった。 ...
  • 二人は小砂利のまじった砂を足の裏に感じながら小舟のほうに歩いていった。 ...
  • 入ってしまえばもう安心し、砂利の上で肱を張り張り歩いて左の方に行く。 ...
  • かれらはうなりをあげる風に追われるように砂利の通りを駆け抜けた。 ...
  • その広場には砂利の山があり、シャベルを持った工夫こうふがはたらいていた。 ...
  • ゆっくりと近づいていくと、男が一人、砂利の上に座って休んでいた。 ...
  • やがて、砂利が白熱しているような庭に、二人の人間がはいってきた。 ...
  • その時、突然、砂利を踏む音と人の気配がし、俺は驚いて振りかえった。 ...
  • 黄色がかった壁、その前に広がる白砂利と灰色の石が視野にはいってくる。 ...
  • 所々に壺穴つぼあなあとがあって、その中には小さな円い砂利じゃりが入っていました。 ...
  • 所々に壺穴つぼあなあとがあって、その中には小さな円い砂利が入ってゐました。 ...
  • 白骨化した遺体が、土と砂利と木を頭上に抱え、暗闇に横たわっていた。
  • 砂利を足の裏に痛くふみながら崖に沿って寺の境内へ登って行った。 ...
  • 青白い砂利じゃりめられており、車が何台か置けるようになっている。 ...
  • 長いお経がいつまでも終わらないので、遊馬は境内で砂利を蹴っている。 ...
  • 土と砂利の上に薄べりが敷かれ、その上に台のようなものが置かれている。 ...
  • 雅子は車を停めて、警備員が砂利を踏んで近づいてくるのを待っていた。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:砂利